黒ニキビ

白ニキビが変化すると黒ニキビ。白ニキビの段階でニキビを解消させる事はとても大事です。

きちんとケアしておけば黒ニキビにならず白ニキビでそのまま完治となります。

黒ニキビは一体どのように治せばいいのか

黒ニキビも赤ニキビ同等に目立つからとても気になります。しかし黒ニキビは、赤ニキビなどとは違い非炎症性皮疹という状態です。白ニキビ、黒ニキビ、そして赤ニキビと言うのが一連の流れのようです。

まず最初にみなさんが抱えるニキビは白ニキビと言うことになります。白ニキビから、皮脂分泌がどんどん進み面皰の内面に脂肪酸やアクネ菌を充満させることになります。

毛穴に収まっているまでは軽症と言えるかもしれませんが、段々と収まりつかなくなり、表面から顔を出すようになって来ます。皮脂が表面から顔を出し、空気に触れると酸化など起こって来たりします。白ニキビとそれほど大差はありませんが、黒ニキビは目立つから段々とニキビに対して不快感も増して来るはずです。

黒ニキビはどのような治療を行って行くのか

黒ニキビと白ニキビは、治療方法がよく似ています。ディフィリンゲル、 サリチル酸ワセリンと言ったものが使用されます。黒ニキビを目立たせないために面皰圧出という方法が取られることもあります。しかし、肌本来のバリア機能を正常化させなければ再びニキビは作られて行くかもしれません。

私達は面皰圧出かつ、肌バリアを正常化に保つための努力を行っていかなければなりません。そして肌バリアを低下させる要因として男性ホルモンが増加しているからと言う点にも注目をしていただきたいと思います。

そして角質が乾燥していると言うことも大きなポイントです。それは、男性ホルモンの増加、そして乾燥によって、バリア機能が破壊されてしまったためです。男性ホルモンを増加させないために、女性ホルモンを意識する、そのためにイソフラボンを肌に浸透させると言う治療が行われることもあります。

黒ニキビのために何をしなければならないか

イソフラボン浸透と言うことまで深く考えないでも、私達がもっと日常生活において気楽な感じで出来る対処の方法があるのではないでしょうか。しっかりみなさんはビタミンを摂取してるでしょうか。

黒ニキビケアのためにビタミン摂取もとても大事なことです。ビタミンは、ターンオーバーを促進するビタミンB2、 バリア機能を強化するビタミンB6 、美白効果が期待出来るビタミンCなど積極的に意識をしていただき、もしも食事で摂取することが不可能なら、サプリメントも利用するようにしてください。 そして大事にことは肌に対して刺激を与えないと言うことです。

黒ニキビで洗顔にしっかり気をつける

ひょっとしたら黒ニキビのケアなどそれほど難しいことではないのかもしれません。基本は正しい洗顔の方法を知ると言うことです。

まず私達は正しい洗顔を行い毛穴のつまりを解消していかなければなりません。洗顔の目的はもちろん「洗浄」です。しかしそれを心掛けている人たちが同時に肌に刺激を与えてしまったり、肌に必要な油分を奪い取ってしまったりしています。

肌に対して負担をかけないと言うことはとても大事です。優しく撫でるようにして、指の腹を使うようにしてください。そしてしっかり泡だけで洗うと言う姿勢がポイントです。しっかり洗うと言うことが直接に刺激と言うことに簡単に結びついてしまうのでなんとしても警戒しなければならないことです。

その時私達は洗顔料もどのようなものを使用すればいいかと言う問題があります。やっぱり安価な洗顔料は肌に対して刺激を与えるリスクも高いと言うことで用心がある程度必要です。中には安価でも効果的なものはあるかもしれませんが、いい成分のものはそれなり必然的に高い価格になるという一般的ルールはあります。合成界面活性剤を使用している洗顔料などは、皮脂を必要以上に洗い流してしまうと言うことで用心をしなければなりません。洗顔を良かれと思っている人たちが、よけにニキビを作り出し易い誘因を作りだしています。黒ニキビを治すためには、毛穴の中の汚れを吸着する洗浄力はもちろん大事ですが、水分、皮脂を根こそぎ取り除く強い洗浄成分は一切必要はありません。老廃物を落とし、かつ必要な皮脂を落とさないという匙加減は難しいですが、おおかた今までお話ししたようなルールに従えばおのずと改善出来る問題です。

食事に対してもしっかり気を使う

大人ニキビの人たちは、生活習慣をしっかり見直すと言うことも必要になって来ます。日々の食事からしっかり見直して行かない限りニキビを根本的退治と言う訳には行きません。やはり遠回りに見えても、そのようなことから一つ一つ生活を振り返えることが大切です。

ニキビ予防の食事にとって大事なのは、ビタミンです。ビタミンA・C・Eの食べ物を積極的に摂取するようにしてください。皮膚、粘膜の潤いを高めるためにビタミンAが必要です。レバー、人参、ホウレン草と言ったものが摂取出来る成分なので、そのような食事が不足している人たちは、しっかりサプリメントなどより補ってください。

現代社会では結構偏食気味の食事スタイルを日々送り続けている人たちが多いと言われています。人参、ほうれん草が嫌いと言う人たちも結構多いのではないでしょうか。そのような人たちがニキビになってしまうことになります。アセロラ、赤ピーマン、ブロッコリー、レモンなどに含まれいるものがビタミンCです。私はせめてビタミンCは摂取していると言う人たちが思うほどビタミンCさへも摂取出来ていないというお粗末な事態を抱えています。本当に私達は、もう一度食事と言う面より管理して行く必要があるのではないでしょうか。

ビタミンEも血管を広げる、血流を促進させるために大事な成分です。大豆、ピーナッツ、パセリ、モロヘイヤ、かぼちゃと言うものを積極的に摂取していただきたいと思います。特にコンビニで購入するスナック菓子などに注意が必要です。脂の多く含まれているものを私達は出来る限り警戒していかなければなりませんし、かつ食品添加物がニキビ跡を悪化させることにもなります。アルコールを摂取することは、ビタミンを消滅させてしまうことでもあるので呉々も飲み過ぎに注意をしてください。アルコールは肝臓を悪化させる要因でもあり、肝臓の悪化のサインとしてニキビが繰り返すと言うことも充分考えられることです。ただしアルコールを絶対に摂取しないという気持ちがストレスを溜め込んでしまうことにもなり、ストレスが今度は再びニキビの要因ともなるので、そこにも注意が必要です。つまりほどほどにと言うことでしょうか…。ストレスもニキビを作る大敵です。

↑ PAGE TOP