水洗顔 ニキビ

水洗顔はニキビ改善に効果的!肌に元々あった力を蘇らせ、肌質から治していく方法です。

水洗顔の効果、正しい方法をご紹介。合わないスキンケアによって、さらに繰り返すニキビの炎症、乾燥肌、敏感肌を一度リセットさせましょう!

水洗顔とニキビ

水洗顔とはその名の通り水だけで顔を洗うということです。洗顔料を使用せずに水だけで顔を洗うことにより、洗いすぎを防ぎ潤いを守ります。本来持つ保湿力、バリア力などをアップさせ、肌の力をアップさせる洗顔方法です。寝ている間についた肌の汚れは水だけで十分に落とすことができますので、皮脂を必要以上に落としてしまう洗顔料は必要ありません。朝、夜で洗顔料を使用して洗っている方は、朝だけ水洗顔にすると肌そのものを元気に回復させることにつながりますので、ぜひ試して頂きたい方法です。

水洗顔の効果、効能

ニキビを治すために色々なケアを行い、間違ったケア、自分の肌に合っていないケアを行っていると乾燥肌や過剰な皮脂分泌の原因となりニキビが悪化してしまう事があります。こういった場合に、また洗顔を使用し過剰に皮脂をとってしまうと更に症状が悪化するという負のスパイラルをまねいてしまいます。そこで水洗顔を行うことによって、本来肌が持つ力を発揮できる環境が整います。
皮脂が毛穴に詰まらないように、角質がはがれやすくなるクレンジングや、洗顔料を使用し続けると、角質がまだ未完成ではがされてしまう。という状況となり 角質が未完成の状態が続くので、敏感肌となり様々な刺激に反応してしまいます。よって、本来反応しないような、肌に優しい石鹸、洗顔でも、異常に反応を起こし炎症が悪化してしまうのです。
とくに下記のような肌の方にはオススメです。ニキビの負のスパイラルをおこしている可能性があるので一度水洗顔にチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

・皮膚が硬く、皮脂の分泌が上手く出来ていない
・皮脂がつまりやすく、ニキビができ続けている
・少しの刺激で、炎症を起こしたり、赤みがなかなか治らない
・炎症が治らないうちに、また炎症を繰り返し更に敏感肌になってきている。

水洗顔のやり方

1)手を清潔に洗う
まずは手を清潔にしましょう。雑菌がついたまま洗顔をすると色々な肌トラブルの原因となります。

2)水で洗顔する
両手で水をすくい、ごしごし洗うのではなく顔に水をつけるといったイメージで20~30回洗っていきます。鼻やおでこ、顎など少しべたつくと思う部分があるようであれば、指の優しくなでるように洗ってください。水の温度はあまり冷た過ぎない温度がよいでしょう。

3)タオルで優しくふく
ゴシゴシとふくのではなく、ふんわりと優しくタオルに顔をうずめるようにふいていきましょう。

※アドバイス※
基本的に水洗顔は化粧水、乳液等はつけずに終了ですが、あまりにも乾燥が気になる、痛くなってくるなどの症状があれば何もつけないことが逆効果となってしまうことがあり、その乾燥から新たな肌トラブルにつながることもあるのでつけすぎないように化粧水のみ、または化粧水、乳液をつけると良いと思います。
数日間水洗顔を行っているうちに、徐々に化粧水や乳液の量を減らしていき、最終的には何もつけずに過ごす。というふうに段階を踏んだ方が良い肌の状態の場合もあります。自分の肌の状態を見ながら、行ってみてください。

※注意※
水洗顔は朝のみ行ってください。夜は外にでて外気にあたっていたり、化粧をしていて汚れがとてもついていたり、毛穴の汗から皮脂が固まっていたり汚れがこびりついているので、通常通りの洗顔をしてください。例えば、休日などで化粧も一切せずに一日中家にいてゆっくりしていて、汗もとくにかいていない。という日なんかは夜も水洗顔でOKだと思います

部分水洗顔のやり方

1)手を清潔に洗う
まずは手を清潔にしましょう。雑菌がついたまま洗顔をすると色々な肌トラブルの原因となります。

2)洗顔料で気になる部分を洗う
洗顔料を手にとり、編みなどで十分に泡立ててください。 朝起きてべたつき、テカリが気になる部分(鼻、おでこ、顎などが気になる方が多いと思います。)を優しく撫でるように洗ってください。ここでは洗いすぎずに本当に軽くなでる程度でOKです。

3)水で洗い流す
優しく撫でるように洗顔料を洗い流します。泡をすべて洗い流してからは20回ほど水だけで洗顔しましょう。

※ポイント※
朝起きた状態で水だけではテカリ、べたつきが気になるという方にはこちらの部分だけ軽く洗顔料を使用するという方法がオススメです。徐々に洗顔料の泡を付ける時間帯を短くしていき、すぐに水で流すようにして最終的には洗顔料なしで水洗顔のみにしていくというように、肌の状態をみて進めていくのが良いでしょう。

↑ PAGE TOP