胃腸 ニキビ 肝臓

ニキビは、肝臓、腎臓の不調、 頬、鼻のニキビは、胃、肝臓、大腸、肺の不調

肝臓に負担をかけるとニキビの原因に?胃腸やその他の臓器が原因でニキビになる事も!?外見アップには内面アップが欠かせません!

胃腸の不調でニキビ。肝臓の肝機能低下でニキビ。

春夏秋冬、ニキビはそれぞれ原因が違うのですが、年中の原因になるのが胃腸や肝臓の機能の低下で起きるニキビです。大人になってからのニキビは、肌の毛穴の原因の他、臓器のターンオーバーが関係している場合があります。 肌の洗顔と保湿で外的対策。内臓の調子を整える事でより奇麗な肌を目指す事が出来ます!是非チャレンジしてみましょう!

胃腸の調子が悪くなる原因は?ニキビとの関係

胃腸の調子が悪くなる原因は、加齢、ストレス、食事などが主な原因。ニキビだけの問題ではなく、消化だったり、お通じだったり、身体自体が疲れている感覚がありませんか?加齢は仕方ありませんが、ストレス、食生活などを改善することでニキビが治るので是非胃腸の調子を良くしましょう。ニキビを治そうとするとダイエットにもなるという一石二鳥な対策です!

まずは胃腸の調子を整えよう。胃腸の調子の整え方は?

胃腸の調子を整えるにはまずは食生活を見直す事です。消化に良い食事をとることにより、胃もたれや胸焼けが無くなります。 ダイエットなどで腹持ちが良い食品が注目を浴びますが、腹持ちの良さは消化に悪いと言う事をご存知ですか?ダイエットの際にニキビが出来るのには、栄養不足の他、この消化が原因に上げられます。 消化によい食べ物は風邪の時に食べるような料理になってしまいます。粥やうどんOKで、そばやコーンフレークなどはNG。ダイエットもしながらニキビ対策をしたい場合は、消化に良いものを沢山噛んで、沢山唾液を出してから飲み込みましょう。唾液の分泌は、消化を良くするだけでなく、食事への満足度も上げます。

ストレスで胃腸を弱めているときのニキビ対策

社会人のストレス対策は一筋縄ではいきません。たとえば職場の人間関係であればそのしがらみから抜け出すことは難しいのです。そのしがらみが知らず知らずにストレスに。あと意外に多いストレス原因としては、会社への通勤ラッシュだったりもします。では、ストレスが胃に負担をかけないようにするにはどうすればよいのでしょうか。

ストレスによる胃もたれは存在する

ストレスによる胃もたれは、血圧や心拍数の上昇が原因です。赤面するのもこの1つですね。このような緊張状態が続くと胃腸に血が届かず、 胃液の分泌も減少、胃壁の粘膜に血液が行き渡らずに粘膜そのものが弱くなります。そんな状態で食べ物を食べると消化が出来なくなり、結果的に胃もたれになるのです。ごはんを食べる時はリラックスできる環境にするのが一番。誰かと食べてストレスを受けるくらいならスマホ片手に1人でご飯を食べる方が消化が良かったりもします。

ストレスによる胸焼けも存在する

胃もたれだけではなく、ストレスによる胸焼けも存在します。胸焼けの場合は、副交感神経を刺激されて胃酸が過剰に分泌をしてしまい、胃壁を荒らしてしまったり、胃の中の細い血管が傷つけられてしまうこともあるのです。精神的なストレスが継続して続くとこのような症状が起きてしまいます。

肝臓の調子が悪くなる原因は?ニキビとの関係

肝臓の調子が悪くなる原因は、食べ過ぎ、アルコールなどを飲み過ぎによる肝機能の低下や運動不足や慢性肥満に原因があります。特に脂肪肝は危険。ニキビ予防をすることで生活習慣予防にも効果が!

ニキビは内臓の異常を教えてくれているサイン。

ニキビが何処に出来たことで私達は内臓の健康具合をチェックできることにもなります。 おでこ周辺のニキビは胃腸の不調、 目の周り、こめかみあたりのニキビは、肝臓、腎臓の不調、 頬、鼻のニキビは、胃、肝臓、大腸、肺の不調、 口周りのニキビは、胃腸の不調、 あごのニキビは婦人科疾患、冷え性と言われています。

肝臓の調子を整えよう。肝臓の調子の整え方は?

肝臓の調子が悪くなる原因の代表的なものはアルコール。お酒を飲まない方も家族やパートナーの為に少し勉強しておきましょう。肝臓は沈黙の臓器と言われている臓器です。実は体調が悪くても一切痛みなどがありません。ですので、反対に自覚症状がない分とても危険です。アルコールが原因で脂肪肝になると、アルコール性肝炎になり、肝硬変になってしまいます。休肝日は一日だけ取ればよいというわけではなく、週に3回から5回肝臓を休めないといけないようです。休肝日より飲酒する日が多いのは危険ということになります。

お酒が原因でない脂肪肝はもっと危険

お酒が原因でない脂肪肝。つまり非アルコール性の脂肪肝はもっと危険です、脂肪肝というのはそもそも肝臓がフォアグラ状態になっているとっても危険な状態。お酒を飲まなくても体脂肪率が高かったり、BMIが高い場合は非常に危険。BMIが30以上だと肝硬変の確率は80%にもなるということです。脂肪の取り過ぎを防ぐことはニキビ予防だけでなく、このような病気の予防にもなります。

20歳過ぎての頬のニキビは乾燥と肝機能の低下が原因!

肝臓が原因で出来るニキビは頬、ほっぺのニキビです。ほっぺのニキビが気になったらまず洗顔と保湿をすることによる外的対策。その外的対策だけでも上手く行かない場合はほんの少し食生活を変えてみましょう。基本的には菌の繁殖ですから、洗顔と保湿が大切です。ですが、最近脂っぽいものばっかり食べてるなと思う節がある場合は、少し控えてみませんか?

大人ニキビは繰り返す

思春期の人たちがなるニキビと違い大人ニキビは繰り返すから厄介なのです。しかし繰り返すと言うことは私達が正しい対処が出来ていないせいかもしれません。ニキビは西洋医学としては皮膚の炎症と捉えられていますが、東洋医学では内傷病として見られています。ニキビはサインであり、内傷を解決出来なければ、ニキビなどサインを送り続けるばかりで治ることなど期待出来るはずはありません。

内蔵の機能が低下することによって、ホルモンバランスが狂い、結果ニキビを作るということになってしまうようです。日々健康に過ごして、私は胃に対して問題はないと言う人たちにもしっかりこれがいい機会と思い内蔵チェックなど行っていただきたいと思います。

胃の不調が起こる原因は、やはり暴飲暴食と言うケースが多いと言うことです。下痢などが起こり、栄養が充分に行き渡らないと言うことになります。暴飲暴食をどのような方法が解消出来るか…と言う問題なら、やはり、暴飲暴食を努力してやめること以外方法はありません。是非腹八分目と言うことを健康のため、ニキビ解消のため心掛けるようにしてください。

 

肝臓が悪化することによって、むくみ、だるいという症状が起こります。肝臓という機能は体に入る毒を解毒するという働きがあります。だから肝臓の機能が低下することによって、 体に毒素がたまってしまうと言うことが起こるようになります。そして腎臓の機能が停止することによって、血液内の老廃物を外へ排出すると言うことが出来なくなり、より毛穴にためる率を高めてしまうことになります。

↑ PAGE TOP