赤ニキビについて

赤ニキビの治し方。

白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビ、黄ニキビ、色々ありますが、ここでは赤ニキビの治し方を紹介します。

赤ニキビができてしまった…

見た目も目立つと言うのが赤ニキビなのではないでしょうか。そして赤くなっているからどうしても気になりついつい触ってしまうのも赤ニキビです。白ニキビ、黒ニキビ、悪化して赤ニキビとなり、更に黄ニキビへと進行して行ってしまう人たちもいます。赤ニキビがどのようなニキビの状態かと言えば、それは毛穴に皮脂がつまり菌が活発化して炎症している状態です。

赤ニキビができている時、このようなことをしては駄目

赤ニキビ出来ている時にこのようなことをしないように是非注意をしてください。赤ニキビが気になるからやっぱりどうしても触ってしまうことになります。ニキビはやはり触れば触るほど悪化させてしまうと言うことを肝に銘じてください。そして髪の毛のニキビを隠すという作戦に出てしまう人たちもいるのではないでしょうか。それも隠す気持ちは判らないではありませんが、ニキビをひどくさせてしまう要因なので是非注意をしてください。

そして治したいと思うから何度も洗顔をすると言うこともあるでしょう。洗顔すればするほどニキビは治ると思いこんでいる人たちもいますが、何度も洗顔すると言うことは洗顔のし過ぎで、ニキビを悪化させてしまうことにもなります。もう少しニキビはデリケートに扱ってあげなければならないものなのです。

ファンデーションやコンシーラーを厚く塗るという行為ももっての他です。厚く塗ったとしてもニキビを隠せるということではなく、その部分だけよけいに目立たせてしまうことになるので注意してください。化粧品も良かれ悪しかれです。用心しなければならないことは化粧品の油分がニキビを悪化させると言うことです。

今赤ニキビは一体どんな状態なのか

やっぱり今赤ニキビがどんな状態なのか触ってチェックする気持ちって、誰にでもあることなのです。触らずにいられない…と言うのが正確な言い方かもしれません。しかし敢えて赤ニキビを早く、跡を残さないように治すためにしなければならないことは触らないと言うことです!手には菌が一杯ついていて、菌がニキビを悪化させると言うことになります。炎症が起こっている段階は外部の影響もまだまだとても受けやすい状態です。手の雑菌がなんでないと思っていたら、このような状態では大きな間違いとなります。

そして赤ニキビを潰して対処する…と言う人たちも中にはいます。赤ニキビは本当潰してどうにかなる問題なのでしょうか。みなさんはひょっとしたらとても怖いことをしているのかもしれません。ニキビは本当の一生消えない跡になる可能性があると言うことを絶対に懸念しなければなりません。みなさんは良かれと思ってしているのでしょうが、ニキビ専用洗顔料の使用も良くないと言われています。ニキビ専用洗顔料は皮脂を落とすと言うことを目的に作られているのです。この地点では皮脂を落とすと言うことよりも、皮脂を取りすぎるということを懸念していかなければなりません。でも私達はニキビ専用と書いてあるからその洗顔料を積極的に使用しようというモチベーションが起こるはずです。赤ニキビだから、やはりニキビ対処の真実を追求ていかなければならないと言うことになります。

みなさんが使用している洗顔料は果たして大丈夫でしょうか。化粧品には油分が多く含まれいます。化粧品の油分をアクネ菌が餌にしてどんどん成長して行くと言うことが考えられます。オイルフリーのクレンジングや化粧水やファンデーションを使用するなど工夫をみなさんはされているでしょうか。

赤ニキビを治療する

赤ニキビを治療するためにやはり薬を使用すると言うことをおすすめします。当然ここでどのような薬かと言うことが問題になって来ますが、市販で薬局、ドラッグストアなどで購入出来る薬でも中にはいいものもあります。ポイントはどのような選択をして行くかと言うことです。炎症を抑えるために積極的に塗り薬を意識してください。しかしニキビを根本的に治すと言うモチベーションでは漢方に頼ると言うことも方法かもしれません。ニキビの原因が生活習慣にあるのなら、塗り薬で効果が期待出来たとしても、根本的に解消が出来たとは言いきることが出来ません。

本当にニキビを治すと言うことは、生活のあらゆる部分を見直す必要があります。薬とはき極々一時的の対処の方法だと捉えることも間違いではありません。

しっかり正しい方法で洗顔してるでしょうか

ニキビができているから洗顔をしないと言う人たちもいるかもしれません。それはそれでニキビにとって大変良くないことなので注意をしてください。しかしだからと言って洗顔し過ぎと言うのも問題です。1日2回の洗顔、その後の保湿 をしっかり意識して日々ケアを行ってください。ニキビに保湿は禁物と思っている人たちも多いようですが、保湿して大事な水分は補ってあげなければ駄目です。肌はある程度潤いを持っていると言うことがとても大事なことです。それが不足することによって毛穴がどんどん小さくなり皮脂を溜め込んでしまうことになります。 間違った洗顔方法をしっかり見極めていかなければなりません。その中にはみなさんが正しいと思ってしていることがあるから問題なのです。

洗顔の間違いとは…

冷水で洗顔することでスッキリ感を味わっている人がいるようです。瞬間的には毛穴がひきしまったような感じもするかもしれません。しかしそれはひきしまったという言い方は決して正しくはなく、ただ毛穴が縮こまったと言える程度のものです。それよりも急激に冷やすことで肌のリスクを考えてください。熱いお湯を使うと言うのも同じです。刺激のことも心配ですし、皮脂を必要以上落としすぎてしまうことも用心をしてください。泡をたてることで丁寧に丁寧に洗顔して行くことをおすすめします。泡が肌に対して刺激を与えず、毛穴の汚れを除去してくれます。泡立てネットを使用する人たちもいるでしょうが、水をしっかり含ませると言うことに意識をしてください。水が含まれていない泡は、摩擦を強め肌を傷つけて行ってしまうことになります。そして時間をかけて一生懸命洗顔をしている人たちもいますが、ある程度までは洗顔が効果的であっても、ある程度以降から洗顔が刺激となり赤ニキビに悪影響をもたらすと言うことをしっかり理解していただければと思います。

洗顔時間は基本は一分程度です。2分は絶対に超えないようにしてください。洗顔に対しての刺激、そして洗顔が終わった後、タオルで拭く時にも刺激を与えないように配慮しなければなりません。

洗顔料はどのようなものを使用するか

洗顔料に潤い成分まで期待することにそもそも無理があれるのではないでしょうか。洗顔料には皮脂を落とす目的だけに留めてください。あの洗顔料は使用すればしっとりとするから好評であったりしますが、肌の表面に膜をはっているだけの状態であり、洗顔した後、化粧水などの浸透をシャットアウトすることにもなります。

おすすめなアイテムは洗顔石鹸です。是非洗顔石鹸を積極的に使用してよけいな皮脂を落とし、肌の水分と油分のバランスをいい感じに維持していただければと思います。洗い上がりの保湿は優先せず、 余分な汚れや皮脂を取ると言うことの目的でやはり洗顔石鹸も決定をしてください。そのような方法で効率よくターンオーバーを整えてください。

↑ PAGE TOP