子供のニキビ

子供がニキビに悩んでいたら洗顔、保湿を促してあげましょう。

思春期ニキビはご両親と一緒にケアしていかなければならないニキビなのです。

思春期の人たちがなるニキビのためにしなければならないこと/h2>

ニキビの原因は生活習慣というものが関わり、思春期の人たちはお父さん、お母さんと一緒に生活をしていることで、その生活習慣を容易に直すことが出来ないという難点も持っています。

つまりニキビはご両親と一緒にケアしていかなければならないニキビなのです。お父さん、お母さんも子供さんを気遣い知っている情報を教えてあげるようにしてください。

子供さんが間違えた洗顔方法で顔を洗っているということはないでしょうか。洗顔がいいというものの洗顔のし過ぎはデメリットです。子供さんはそのことまでしっかり把握出来ていないかもしれません。ゴシゴシ一日何回も洗顔を行うことによって、肌から皮脂が全部奪われてしまうことになります。肌によけいな皮脂は必要ないものですが、肌に全然皮脂が必要ないということではありません。

洗顔によって絶対に必要な皮脂を取らないという姿勢も必要になって行きます。そしてゴシゴシ洗うということで、肌に対して刺激を与えることを用心をしましょう。洗顔の時は注意をしていたけど、後水分を拭き取る時にタオルでゴシゴシ擦ってしまうということもないようにしてください。

そしてニキビケア商品に対してお金を出すのがご両親なら、やはり安易なケア商品を購入しないという配慮が必要です。ケア商品はあればいいということではありません。思春期の人たちがなるニキビに効果的なケア商品を選択するようにしてあげてください。

どのような洗顔料を選択するのがベストか

肌に潤いを提供してくれて、過剰な皮脂の分泌を抑えるものを是非選択していただきたいと思います。アクネ菌を殺傷する成分が入っているものがよりましい洗顔料です。泡がしっかり洗顔をして毛穴の汚れを取り除いてくれなければ駄目です。毛穴より小さい弾力性のある泡なら毛穴の奥底まで入り込みよけいな汚れをしっかり取り除くことが出来ます。

そしてやっぱり洗顔料は無添加がいいということです。合成界面活性剤など含まれているものは、肌に刺激を与えるということで決して評価出来るものではありません。せっかく洗顔料を使用しているというのにニキビを出来やすくしてしまう洗顔料もあるということを知ってください。

生活習慣を一緒に考える

一緒に生活習慣の問題を考えてください。お父さん、お母さんが食べているものを思春期の人たちが一緒に食べていかなければならないということは、ニキビはお父さん、お母さんの責任でもあります。お母さんが調理する段階であまり脂の多い食べ物を選択しないようにしてください。

そしてニキビができている人たちはやっぱり野菜中心のメニュー構成を考えていただきたいと思います。

ニキビは脂を回避して積極的にビタミンを取ることがベストです。そして子供さんが慌てて学校へ行き、朝食抜きということはないでしょうか。そのようなこともしっかりご両親に管理していただきたいと思います。

規則正しく食事を取るという姿勢もニキビにとって注意しなければならない問題です。そして子供さんがダイエットをしているということがあるかもしれませんが、ダイエットもニキビにとっていいことではありません。無理なダイエットをしているのではないかということをご両親がしっかり監視している必要があります。

睡眠はしっかり取れているか…

ご両親は子供さんの睡眠に対しても管理してあげるようにしてください。子供さんは管理がない状態なら夜更かしをするものです。夜更かしをしてコンビニで購入して来たスナック菓子など食べて夢中でパソコンでゲームなどに向きあってしまっているのではないでしょうか。その不規則な生活がニキビにとって大変良くないことです。

睡眠時間は最低でも7時間を確保しなければならないですし、肌の機能が回復するために、夜は寝るというモチベーションが大事なのです。そして面倒くさいから風呂に入らないで寝てしまうということもあるかもしれません。風呂にちゃんと入ったかどうかもしっかり管理するようにしましょう。お風呂も肌に新陳代謝を与えるためにとても大事なことです。まだまだ生活習慣の見直しということでご両親に求められていることがあるかもしれません。是非一緒に思春期の人たちがなるニキビを治すという姿勢をご両親にも持っていただきたいと思います。

↑ PAGE TOP