炭 ニキビ

炭はニキビにとても効果的!美肌につながる沢山の炭パワーをご紹介!しっかり知識をつけてニキビと戦おう!。

すぐに出来る、簡単でオススメな炭スキンケアの使用方法も詳しく説明しています。

炭洗顔とニキビ

炭洗顔フォームは旅先の旅館の温泉などで置いてあり存在を知ったり、旅館で使ってみたらとても良くてそれから愛用している。という方も多いのではないでしょうか?炭洗顔フォームはニキビケア、保湿力、洗顔力、美白効果など肌に良い効果が沢山あります。炭洗顔は皮脂をとりすぎてしまって乾燥してしまうのでは?と乾燥ニキビの方は心配することも多いようですが、しっかりと保湿力もあるのでご安心ください。またニキビの原因である肌の菌も除去してくれるので、とてもニキビ肌にむいている洗顔フォームです。

炭の効果

1)吸着、洗浄力・抗菌作用
炭の細かい粒には高い吸着力があり毛穴の汚れにしっかりと吸着し洗い流します。また、洗浄力も強く昔は洗剤がわりとしても使用されており、とくに竹炭は竹酸液が含まれており、高い美容効果と抗菌作用がありますので、ニキビの原因でもあるアクネ菌の増殖も抑える力があります。

2)保湿力
炭には沢山のミネラル成分が含まれており、肌に優しい自然成分で高い保湿力があるのでとくにニキビ肌、乾燥肌にとても良いです。

3)新陳代謝の促進
炭には遠赤外線効果があり、人の体に遠赤外線をあてると細胞が活発化し血行が良くなり新陳代謝が促進されるので、ニキビの原因となる古い角質をはがしターンオーバーを整え本来の綺麗な肌にする効果があります。

上記のようにニキビの原因をしっかりガードする効果が沢山ありますので、ニキビに悩んでいる方にはぜひ炭のスキンケアを試して頂きたいです。

炭のスキンケア

1)炭酸水
ニキビ肌に効果的な炭洗顔料品。しっかりと毛穴の汚れ、皮脂を落とし、高い保湿力で肌を守り、遠赤外線効果で新陳代謝を上げて健康的な肌へと再生する効果があります。

2)炭入浴剤
もう一つニキビにオススメなのは炭入浴剤。備長炭をそのまま浴槽にいれるというとてもシンプルな方法ですが、洗顔時だけでなく、炭を入浴剤として使用すると遠赤外線効果で全身の新陳代謝が上がり、 ニキビの原因ともなる冷え症の改善にもなるので、炭洗顔と合わせて行うとニキビ対策にさらに効果的となります。また、炭からはミネラル成分がお湯に溶け出し、酸性~中性だった水道水のお湯がアルカリ性に変わります。アルカリ性につかると、温泉に入ったようにお肌はツルツルスベスベになります。

炭入浴剤の作り方・使用方法

用意するもの
・竹炭か黒炭(お湯約300リットルに対して炭約1キロが目安)
・細かめなネット、布袋、布のハンカチと輪ゴムなど

作り方・方法
1)用意した竹炭または、黒炭を水で洗います。濁りがなくなってきたらOK。

2)洗った炭を細かく砕きます。

3)用意したネット、または布袋に砕いた炭を入れます。
布のハンカチと輪ゴムを用意した方は、ハンカチを平たく置いた中央に砕いた炭を置き輪ゴムでしっかり縛って巾着を作ってください。どの方法でも中身の炭が出ないようにしめてください。

4)お湯を入れると同時に作った炭袋をいれてお湯をためてください。

◆オススメなアレンジ
入浴時に炭袋を出して、木酢液をお湯の中に入れるとさらにリラックス効果もありますし、木酢液は除菌、炎症、痒みを抑える働きがあり、ニキビ、アトピー、乾燥肌、あせも、水虫など 幅広く効果があるといわれているのでプラスアルファで楽しんでみてはいかがでしょうか?※木酢液の量は15~30cc程度でOKです。

↑ PAGE TOP