ニキビ ステロイド

ステロイドは、副腎(*腎臓の上端にある)によって作られる副腎皮質のホルモンです。

アトピーに使う薬であり、実際にニキビのためにステロイドを処方することはありません。

ニキビにとって良くないものをしっかり理解する

私達にとってニキビって本当になかなか治らないものです。しかしニキビには出来る理由があり、理由を追求すれば絶対にニキビは治ると頑張っていただきたいと思います。ここでニキビについて勉強することはステロイドについてです。まずはステロイドとは何か…ということから勉強をしましょう。

ステロイドとは…

ステロイドは、副腎(*腎臓の上端にある)によって作られる副腎皮質のホルモンです。ステロイドを使用することによって私達は身体の中の炎症を抑えたりすることが出来ます。もちろん医師も膠原病の治療などにステロイドを良かれと思って処方している訳ですが、出来ればステロイドは回避したいと思っている人たちがいるのも事実です。

ステロイドは副作用が強いと思っている人たちもいます。しかしステロイドだけが悪いということではなくて、医師の処方している薬は多かれ少なかれ副作用が伴うものであり、だから医師が間違った服用をしないように管理しているということが言えます。ステロイドだけが副作用問題を抱えているという発想には間違いがあります。大事なことはステロイドを正しく使用するということです。

ステロイドで起こる副作用とは…

ステロイドは、 白血球の機能を低下させると言われています。白血球の機能が低下してしまうことによってウイルス、細菌、微生物などの外敵と戦う力が弱まってしまうことが一番懸念しなければならない副作用の問題です。そのことを易感染と言います。

ステロイドによってインフルエンザや肺炎、結核などにかかりやすい身体を作ってしまうリスクを抱えています。 ステロイドは糖尿病になるリスクも高めると言われています。血糖値を下げるインスリン作用を阻害してしまうために血糖値が高くなり、 ステロイド糖尿病という言われ方もします。高血圧、 脂質異常症のリスクを高めてしまうのが、このステロイド服用による副作用ということになります。

ステロイドの副作用はまだまだあり、白内障、緑内障、精神異常、胃腸障害…などなどがあり、やっぱり他と比較しても副作用の数が多いとも言えます。

私達はなぜステロイドに依存するのか

しかしそれでもステロイドを使うという人たちもいます。アトピーでも処方する薬はステロイドであったりします。癌、腎臓病、膠原病、気管支ぜんそくなどというものに有効的な作用を示してくれるものがステロイドです。アトピーでステロイドがどのような効果を発揮するのかと言えば、実際には強い抗炎症作用で無理やりにその症状を抑えつけているようなところがあります。だから、ステロイドはニキビに悪いと言われても、決して間違いではないと考えるのが普通なのでは。鎮火剤というものがそもそもこのステロイドなのです。

アトピーという燃える火に対して勢いよく水をかけているようなものです。アトピーにステロイドがいいという人たちは、水をかけてもちろん火を消してくれているからですが、私達は同時になぜ火が起こったのかということを追求していかなければなりません。それは放火が原因かもしれません。放火ならこの火は沈下しても、犯人を見付けない限り次に別の場所で火がたつことも考えられます。ステロイドはアトピーを根本的に退治したと言いきることが出来ません。

ニキビができている人たちがステロイドを利用すると…

ここでニキビにとってステロイドはありか否かということを追求して行きましょう。ステロイドは上でお話ししたようにアトピーに処方している薬であり、ニキビを皮膚炎として捉えるなら、 有効的と考えることも出来ます。しかし実際にニキビのためにステロイドを処方することはありません。ただし限定的には利用した方がいい場合というものもあるかもしれません。 ニキビは皮膚が炎症を起こしている状態なので、ステロイドによって免疫を抑制することが効果的と言えば効果的です。しかしニキビの原因となるアクネ菌は免疫が低下することによってどんどん増殖してしまうというデメリットを抱えています。ステロイドを使用することによってニキビをひどくしてしまうというリスクも抱えているのです。更に血管を収縮する作用が期待出来るため、赤みが取れてニキビが解消されたように感じるかもしれません。

しかしニキビにはやっぱり基本ステロイドは使うべきではないと言われています。ステロイドを使用することによって起こる副作用の一つにニキビができるということも含まれているのです。とても判りづらいと言えば判りづらいですが、やはりニキビにはステロイドを使用しないことが無難な方法です。

↑ PAGE TOP