ニキビ 痛い

ニキビが痛い場合。ニキビの炎症が激しい赤ニキビの場合があります。

赤ニキビをそのままにしていると、クレーター、しこりの原因となり、一生残ってしまうので気を付けましょう。

なぜニキビが痛い

正しいニキビのケアはまず、ニキビの種類を知ることだと思います。白ニキビ、黒ニキビというものがあり、これは既に毛穴に汚れがつまっている状態であり、酸化することによって黒く見えることもありますが痛みもなく軽症といえば軽症なのです。

しかし痛いニキビは、炎症しているニキビであり、痛いから尚更触り、更にひどくなるという悪循環をもたらすことになります。そして残念ながら痛いニキビは簡単に治すことが出来ないニキビなのです。出来れば白ニキビ、黒ニキビのうちになんとか対処したいものです。

悪化してしまった痛いものに対しては時間をかけて慎重に治療を行っていかなければなりません。白ニキビ、黒ニキビはただ毛穴につまっている状態だけなので押しても痛みなど発生しないのです。炎症しているから赤ニキビと言われています。ただし炎症イコール痛みではなく、顎に出来るニキビは特に比較的痛みを伴うとも言われています。

炎症でも進行したことによって痛みが起こり、顎が放置される率が高いと言うことが言えるのではないでしょうか。

更に顎は男性の場合、カミソリでヒゲを日々剃るということでなかなか対処の方法が難しいということが言えます。顎ニキビが痛くなる理由は、 皮膚が厚く皮脂が排出されにくいということもあり、喋るということも微妙に顎のニキビを刺激し続けていたりします。

痛いニキビはどのように解消するか

痛いニキビを実際にどのように治療して行くのかという問題ですが、ビタミンCを摂取するという方法があります。ビタミンCには、炎症を抑えるいうメリットがあり、殺菌作用もしっかりこなしてくれます。

肌のターンオーバーを高めてくれる力もビタミンCにあります。ビタミンC配合の化粧品など積極的に利用している人たちも多くいるかもしれませんが、顎の部分は、皮膚が硬めの構造になっているため、化粧品ではなかなかビタミンCが浸透出来ないかもしれません。 だから顎に対しては、高濃度ビタミンCなどの選択が有効的です。

洗顔をしっかり行う

結局痛くてもそうでなくてもニキビを治す方法はしっかり洗顔を行っているか否かということになります。

痛いから洗顔をしたくないということになってしまうのではないでしょうか。ここはやはり清潔を心掛けるようにしてください。

↑ PAGE TOP