睡眠 ニキビ予防

良質な睡眠をとることがニキビ予防に繋がります。

ゴールデンタイムという成長ホルモンが分泌する時間に睡眠時間を調整し、成長ホルモンを促しましょう!

ゴールデンタイムとは

ニキビで肌がダメージを受けた時、肌は自力で一生懸命回復しようとしているのをご存じでしょうか。 ゴールデンタイムに睡眠を取ることが出来ている人たちが、ニキビを比較的簡単に解消出来るようです。

ゴールデンタイムとは、この時間に肌の新陳代謝を促す成長ホルモンを積極的に分泌してくれているのです。寝る時間をしっかり考えると言うことは、ストレスを解消することであり、成長ホルモンを分泌するために役立つことだったのです。もともと成長ホルモンとは子供が成長して行く為に分泌されて行くためのものだったのですが、肌のはりや弾力性をキープするためにも大事なホルモンと判って来ました。

ニキビが比較的簡単に治る人たち、そうでない人、その違いは、いい睡眠を取り、成長ホルモンをしっかり分泌させているか否かと言う違いなのかもしれません。

睡眠によってストレスを解消させる

大人ニキビの場合、ストレスがニキビの大きな要因となっている可能性もあります。ニキビはただ皮脂が過剰と言うことだけでなく様々な要因を追求していかなければなりません。

その中にストレスと言う問題も間違いなくニキビを作る要因となります。ストレスをためないために、私達は夜遅くまでパソコン、スマートフォンなど、睡眠時間を費やしてしまうことを回避しなければなりません。パソコン、スマートフォンなどやっていると、寝ようと思ってもなかはなかすぐに寝ることが出来なくなってしまうのです。

成長ホルモンは22時から2時に分泌される

成長ホルモンが分泌されるのは、22時〜2時と言います。その間の時間ただ寝ると言うことではなくて、いい睡眠についている必要があります。

みなさんの日常生活はどうなのでしょうか。その時間にパソコン、スマートフォンなどやっていて寝ていないと言うのでは、やはり成長ホルモンの視点に立てばニキビはなかなか解消など出来ません。そして仕事をしている人たちも、このような時間にいい睡眠を取ると言うことは難しいかもしれませんが、ニキビを解消するために是非とも22時〜2時という時間を意識していただきたいと思います。決して理想論だけに留めないようにしてください。

(*ただし成長ホルモンを分泌されるのは、入眠後3〜4時間と言う説を唱える人たちもおり、正しい結論と言う訳ではないようですが、私達が日常生活においていい睡眠を取ると言うことはとても大事なことです)

いい睡眠がその時間にあてはめることが出来るように前もって準備をしておかなければならないのです。ベッドに入る3時間程度前に入浴しておき、体温を低下させた状態で寝ると言うことがいい睡眠を取るためのポイントとも言われています。

↑ PAGE TOP