赤ニキビ

赤ニキビの跡が残らないようにするには?

痛い、痒いなどの症状がありますが、かいたりすると跡になってしまうので気を付けましょう!

ニキビの色素沈着を徹底解明する

ニキビは完治出来た人たちも、次にニキビ跡に大変悩んでいます。何か処置が悪いと言うことで本当にニキビは取りかえしのつかないニキビ跡と化してしまうことがあるようです。

ニキビ跡の色素沈着の場合、炎症後色素沈着と言う言い方をします。まるでニキビが解消した後にしみが出来てしまったような感じになります。

しかし一言でしみと言うものの、色に違いがあり区別をする必要があります。

色素沈着はメラニン色素で出来ると思っている人が多いようですが、メラニンが原因で出来る色素沈着は、茶色っぽいしみのことであり、黒色、赤っぽいしみの場合は、ヘモグロビンが原因と言います。もしもヘモグロビンが原因だとすれば、そのしみに対して、美白効果が期待出来る化粧品など使用してもほとんど意味がないことになってしまいます。

ニキビ跡の原因はメラニン色素とヘモグロビン

ニキビ跡の原因はメラニン色素とヘモグロビンによると言うことをまずしっかり抑えてください。ニキビの炎症は段々とひどくなることによって、毛穴だけに最初留まっていたものが、周辺に拡大して行ってしまうことになります。

まず、ニキビは炎症することによって、皮膚の組織を破壊して行ってしまうことになります。皮膚組織を破壊すると言うことは、そのあたりの毛細血管をも破壊することになります。毛細血管が破壊されて、皮膚に血液が滲み出すと言う症状も起こることになります。

ヘモグロビンは、血液の中に含まれている赤い色のことになります。だから当然この段階で私達が警戒しなければならない色とはヘモグロビンの色と言うことになります。しかし、毛細血管も私達の平静を維持してくれようと頑張り、新しく形成された毛細血管により、ヘモグロビンは排出されることになります。段々と、紫っぽい色素沈着は薄まる傾向にはあります。

血が赤いのは赤血球のせいと思っている人もおりますのでここはちょっと整理しましょう。

赤血球は、肺で受け取る酸素を全身へ運び、そして必要のない二酸化炭素を肺から放出する働きをします。酸素はヘモグロビンと結合して運ばれます。ヘモグロビンが赤血球の赤の犯人であり、赤血球の赤はヘモグロビンの赤です。ヘモグロビンとはいわば鉄で出来ているから赤いと理解してください。ヘモグロビンは、グロビンというタンパク質と、ヘムという赤い鉄原始が結合したものです。

メラニン色素の色素沈着とは…

もう一方で私達が意識しなければならない色素沈着は、メラニン色素によって起こる色素沈着です。メラニン色素を悪者扱いにしている人たちもかなり多くいるようですが、メラニン色素は免疫機能を持ち、 私達の皮膚組織を外部の敵より守ってくれているようなところがあります。メラニン色素は、表皮のメラノサイトと呼ばれる細胞より作られて行きます。

私達の肌がニキビの炎症、または紫外線の攻撃などを受けることによって、肌を守ろうとしてメラニン色素を作るということになります。

そしてメラニン色素による色素沈着は、表皮における生成と言うことになり、私達はターンオーバーという機能によって古い角質となり剥がれ落ちさせると言うことが本来は可能なのですが、メラニン色素の色素沈着はなかなか解消されることがなく居すわると言うケースも本当に多いようです。

皮膚の組織は表面の表皮と、その奥の部分である真皮とに分けることが出来ます。もし損傷が表皮なら、損傷を受けてもターンオーバーを繰り返すことによって再生が可能なはずなのです。なぜメラニン色素のニキビ跡が長々と滞在し続けてしまうのかと言えば、やはりまず考えられことは、ターンオーバーの機能が低下してしまっていることです。

ターンオーバーの機能もニキビと戦い随分悲鳴をあげてしまっているのかもしれません。それでは正常なターンオーバーの機能を果たすことが出来ないでしょう。 そしてメラニン色素が、肌を守ると言うことで過剰に分泌されることがあり、そのような場合、ターンオーバーが正常であってもなかなかターンオーバーの力だけでは対処が出来ないことにもなります。

ニキビができている時は、紫外線を一杯浴びてしまうことなどに注意をしてください。ニキビだけなら色素沈着も解消されて行くかもしれませんが、紫外線の合わせ技によって、なかなか解消することが出来ないニキビ跡を作ることになります。

↑ PAGE TOP