赤ニキビ

赤ニキビとは炎症ニキビと言われているものです。ニキビが赤い炎症を起こし続けている状態です。

痛い、痒いなどの症状がありますが、かいたりするとあっかするので要注意です!

赤ニキビとは何か…

赤ニキビとは炎症ニキビと言われているものです。ニキビが赤い炎症を起こし続けている状態です。実際に触ることで痛みすら感じる状態です。赤ニキビ以外には白ニキビ、黒ニキビと言うものがあり、そのようなものが軽症のニキビであり、赤ニキビは軽症より重度にシフトしたニキビです。出来れば黒ニキビ、白ニキビの段階でニキビケアをしっかり行い留めることが大事です。

赤ニキビは突然そこにできると言う訳ではありません。ニキビの原因はそもそも毛穴に皮脂がたまることより起こります。そしてアクネ菌が溜まりやすい要因を作りだしてしまうことになります。白ニキビ、黒ニキビと言う段階では痛みなどなくほんの軽度のニキビと言えないこともありませんが、ここからケアの方法を間違えたり、汚い手でニキビに触れたり、髪の毛、化粧でニキビを隠したりと言う行為が、よけいに黒ニキビ、白ニキビをひどくして赤ニキビに変身させてしまうことになります。炎症している状態なので、赤ニキビに痛みを伴うようになります。そして赤いニキビが化膿することによって黄ニキビとなるリスクを高めることになります。

ニキビは一つの種類ではなく、このようなニキビの種類を抱えています。まず自分がどのようなニキビであるか知ると言うことが大事です。白か黒かと言う問題なら、白のニキビが一番初期段階のニキビと捉えるべきです。白ニキビからかなりと言うことではなくちょっと進化した状態のニキビを黒ニキビと捉えてください。そして黒、白のニキビよりかなり進化したニキビが赤ニキビと言うことになります。白ニキビあたりでは、皮脂が毛穴につまっている状態あたりまでに留めることが出来ていたとしても、赤ニキビの場合は菌が成長して活発に繁殖してしまっている状態です。ならば私達は赤ニキビに対してどのようなケア、対策を取って行けばいいのでしょうか。

赤ニキビの対策

ニキビが栄養を菌に与え活発化してしまった状態が赤ニキビです。やっぱりこのような時期になれば放置することが出来ないで皮膚科へ行こうと言う考えも高まってくるようです。そしてニキビ跡に悩んでいる人たちも多くいますが、実際にニキビ跡に注意をしなければならないのは、赤ニキビの時期と言われています。

赤ニキビではでアクネ菌が増殖する環境を整えてしまうことになります。そしてリパーゼという脂肪分解酵素が皮脂を遊離脂肪酸に分解して行ってしまうことになります。 遊離脂肪酸が炎症を促して行ってしまうことになります。マトリックスメタロプロテアーゼ、 好中球走化性因子と言う物質をも産出することになり決して放置はしておけない状態です。

赤ニキビはニキビが重症化した状態と捉えるべきです。一般的にどのような治療が赤ニキビに対して行われているかと言えば、 皮膚科ではダラシンTゲルやアクアチムクリーム、ルリッド錠、ミノマイシン錠、クラリス錠という外用内用の抗生物質が処方されることになり、 初期の段階で使用されるディフェリンゲルでは、ちょっと頼りないと言う感じです。私達はイコールアクネ菌と考えてしまうのですが、身体に出来るニキビの場合は、アクネ菌でなくて、 マラセチアが原因していることも考えられるのでそのためにアスタットクリームやニゾラールローションが使用されることもあります。

しかし抗生物質やステロイドと言うものを使用することはその場しのぎには効果的であったとしても根本的退治とは言えないようです。ニキビを作らない環境が大事なのに、そこまでの対処を抗生物質やステロイドに求めることが出来ないためです。炎症を止めるためにどうすればいいかと言うことで抗生物質やステロイドの処置が取られていると言うことになります。ステロイドなど使用し続けることで逆に肌のバリア機能を低下させてしまうリスクを抱えていることにも用心をしなければなりません。赤ニキビを根本的に退治すると言うことは、肌のバリア機能を低下させず、ニキビのできにくい環境を作るということまでもっていかなければなりません。大人ニキビの場合、いかに角質層を保湿するかということをテーマにしてください。

↑ PAGE TOP