ニキビ跡

痛いニキビ、痒いニキビ、目立つニキビがせっかく治ってもそれがニキビ跡になることも

キレイな素肌を目指すならニキビの原因を突き止めてニキビを作らない生活習慣を作りましょう。

ニキビ跡にはどのような種類があるか

ニキビが進行することによって炎症が起こり、赤みが消えることもありますが、なかなか消えないと言うケースもあります。赤みのままニキビ跡として残ってしまうことになります。

ニキビとしては盛り上がっているものが平らになると言うことで、治ったような感じですが、やはりニキビ跡として赤みだけが延々と残ってしまうことになります。本来、毛細血管がしっかり形成されて皮膚を再生させてくれるはずですが、その赤みの原因もそもそも毛細血管の増生によるものだったのです。

炎症後、色素沈着というケースもあります。 紫外線にあたることによってよけいに色素沈着になりやすいと言われているので気をつけるようにしてください。このような段階でニキビ跡に対して、配慮を行うことによりニキビ跡は比較的解消されやすいですから、是非積極的にビタミンCの摂取などを行っていただきたいと思います。

そしてニキビ跡がケロイド状態になってしまう人たちもいます。原因を究明することもなかなか難しいですが、体質的にもなる人とならない人がいます。皮膚が一生懸命再生しようと頑張って、コラーゲンが過剰に分泌されて硬くなってしまうものです。このような状態になると、なかなか自然治癒と言うことが難しいためやはりクリニック、皮膚科のお世話になると言うことになります。

ニキビ跡がしこりになるケースもあります。これも重度の炎症で起こり、過剰なコラーゲンが分泌されることになり生成されて行きます。顎のラインに出来ることが特徴とも言われています。

ニキビ跡のクレーター化に用心しなければならない

私達が最も用心しなければならないタイプは、クレーター化してしまうものに対してです。クレーター化したニキビ跡にもタイプがあり、まずアイスピック型のタイプと言うものがあります。アイスピックのタイプは、ニキビ跡の幅はやや狭く、奥に深いというタイプです。幅が狭いと言うことで表面で目立たないと言うメリットはあるかもしれませんが、奥まで到達しているためになかなか解消出来ない厄介なニキビ跡となります。

アイスピックタイプは、おおよそ幅は2mm以下と言われています。そして深さは真皮にまで到達することになります。ニキビになった時に炎症が強いと言うことが原因で、コラーゲンの組織が破壊されて、なかなか解消出来ないニキビ跡を作り出すことになります。

肌はターンオーバーで一生懸命再生しようとは頑張っていますが、なかなかターンオーバーでは、コラーゲン組織、真皮の部分まで補うことが不可能です。だから、クレーター化したニキビはなかなか消すことが出来ないと言われています。このような場合もやはり自然に治癒されると言うことが不可能なので、クリニックや皮膚科に相談をしてください。

そして、ローリング型のタイプと言うのがあります。ローリングタイプは、 幅広、それ程深くない状態のことを言います。4mm以上のもの、かつ円形のような形をしているものを言います。アイスピックのように、深く尖った形で奥へ突き進んでいくものではありません。アイスピック型とは違い、なかなか隠すことが大変にはなります。真皮のコラーゲンが破壊されると言う意味でもアイスピックと同じですが、個人の体質により、深くと言うことではなく幅広になって行ってしまう症状です。

もう一つニキビ跡には、ボックスカータイプと言うものがあり、これもローリングタイプと似ていますが、円形ではなくて、底が平ら化しているものを言います。幅は、ローリングタイプと同じであり、4mm以上です。底が平らと言うことで、ローリングタイプよりも目立ちやすいとも言われています。

ボックスカータイプは、アイスピック、ローリングタイプとは違い、炎症が深くまで到達しないで済んだから、底が平らであり、ローリングタイプ、アイスピックタイプと比較してニキビ跡を解消させやすいと言われています。でも自然治癒では難しく、ニキビ跡になれば、クリニック、皮膚科に相談をする方法がよいのでしょう。

レーザー治療、ケミカルピーリング、光治療、更に最悪のケースには皮膚の移植…、到底私達が個人で何ら対処出来ないものばかりです。でもセルフケアで何も出来ないと言う訳ではありません。ただし、かなり年月がかかってしまうことと、頑張ると言う精神力が必要になってくるのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP