ニキビ 色素沈着

ニキビがやっと治ったと思ったら色素沈着して残ってしまう。赤、紫、黒の色素沈着。

ニキビ跡は、しこり、クレーター、色素沈着など色々ありますが、ターンオーバーで治せるのでしょうか。

なぜニキビ跡が色素沈着してしまうのか

ニキビ跡が厄介なのは、しみ、くすみ化してしまうというケースがあるからです。しみ、くすみ化は色素沈着が原因で起こります。クレーター化、そして色素沈着、ニキビは炎症が完治すれば一件落着と言うことにはならないのです。

ニキビ跡がしみ化してしまうのは、メラニンが原因としています。メラニンとは日焼けした時に色が黒くなる成分ですが、なぜニキビとともにメラニン色素が作られることになってしまうのでしょうか。

ニキビはアクネ菌が繁殖するために起こります。アクネ菌が繁殖し炎症が起これば、肌はアクネ菌を殺菌して鎮めようと一生懸命頑張って活性酸素を生成して対抗しようとします。アクネ菌から肌を守ろうと、肌の本来の機能も一生懸命活躍をしています。しかし多量に作られた活性酸素はメリットだけでなく、アクネ菌を攻撃するのと同時に肌細胞も攻撃をしてしまうことになります。

肌が、活性酸素から守るために、多量のホルモンが分泌され、メラノサイトを刺激することになります。そして多量のメラニンが生成されると言うことです。

肌は、アクネ菌と戦い、綺麗な肌を作ろうというモチベーションは持ってくれているものの結果はこのような荒れ放題の土地と化してしまうことになります。

私達が日焼けをして色が黒くなるという現象もこのような原因とあまり変わりはなく、メラニンが多量に分泌されて、紫外線をブロックしてくれようとしているのです。メラニンは私達にとって段々といいイメージではなくなってしまうようですが、兎に角メラニンは悪いと言うことではなくて、私達のことを守ろうとして頑張っていると言うことも理解をしてあげていただきたいと思います。

しかしメラニン跡は消すことが出来ないものか

メラニンは消えないというイメージもあり、なかなか消すことが難しいと思います。このような時に積極的に活躍してくれるものが、美白化粧品と言うことになります。

既に出来てしまったニキビ跡には、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなどが効果的(美肌成分)と言われています。それらはメラニン抑制効果と還元効果を兼ねています。

更に抑制効果が期待出来るものは、トラネキサム酸、ルシノール、カモミラET、アルブチンなどです。美白化粧水や美白美容液、美白乳液、美白クリーム、美白パックと言ったものを是非有効的に利用してみましょう。

↑ PAGE TOP