鼻ニキビ めんちょう

鼻に大きなニキビが出来てしまうととても痛いです。赤くはれたようになります。

また、毛穴の奥の方でニキビになっているのですが、表面に出てこないまま終わるニキビもあります。

鼻ニキビとは一体何か

鼻は顔の中心にあり、多くの人たちが顔を見た時、すぐに注目をしてしまう場所です。だから鼻の頭にポツンと一個ニキビなどできてしまうととても気にます。

なぜ鼻ニキビに悩む人が多いのかと言えば、やはり皮脂が一番分泌される量が多い場所だからです。すぐにニキビは炎症を起こし赤ニキビ化する率も高いと言われている場所です。

ポイントは赤ニキビにならないうちにいかにシャットアウト出来るか否かと言うことなのではないでしょうか。そしてここは毛穴が大きく開き易い場所と言われています。だから、皮脂をたくさん毛穴に溜め込んでしまい、すぐにニキビとなってしまうことになります。

ニキビを作る要因は、アクネ菌です。アクネ菌は、このような皮脂が溜まる場所を大変好み、皮脂を栄養源にしてすくすく育って行くことになります。

鼻ニキビで悩んでいる人たちは、特に皮脂が過剰分泌される思春期の人たちです。ただし絶対的に若い人たちが鼻ニキビになると言うことではなく、大人の人たちもターンオーバーの乱れによって、皮脂過剰になる可能性があります。大人ニキビは比較的乾燥と言うイメージも強いようですが、原因が乾燥であり、乾燥がターンオーバーの機能を低下させて、皮脂を過剰に分泌させてしまうことになります。皮脂過剰と言うことで真っ先にニキビが鼻にできるケースがとても多いと言われています。

鼻ニキビはどのような方法で治療を行って行くか

鼻ニキビは、皮脂の過剰分泌が原因です。したがっていかに皮脂を過剰分泌させないかと言うことがポイントです。正しい洗顔方法が行えているでしょうか。今一度鼻ニキビのために正しい洗顔を行うことが出来ているかチェックする必要があります。

洗顔用の石鹸を使用して、肌を擦ると言うモチベーションを持たず、泡を転がす感じで丁寧に心掛けるようにしてください。ゴシゴシ肌を擦ると言う姿勢がどんどんニキビを悪化させてしまうことになります。洗顔し終わった後のタオルで拭く時にも優しく拭く配慮が必要です。

肌にお湯がいいと思い勘違いをして日々洗顔をしている人たちもいますが、ポイントはぬるま湯を使用することです。お湯は、肌に対して刺激を与えすぎであり、肌の保湿成分が流れ出てしまう可能性があります。 熱いお湯ほど、しっかり洗浄が出来ると言う思いは間違いです。敢えて、皮脂も皮膚のために必要なものであり、洗浄のし過ぎは禁物であることを知るべきです。肌は洗浄し過ぎない、かつ刺激を与えない事がとても大事です。

鼻ニキビを皮膚科で治療する

鼻ニキビは自分で治すと言う気持ちの人たちも多いですが、ニキビのできている場所が顔なので、やはり心配してすぐに皮膚科へ行くと言う人たちも少なくはありません。正直にいえば鼻ニキビであろうが、正しい方法は、医師にしっかり相談して正しい治療、アドバイスを受けると言うことにあります。

皮膚科では、ケミカルピーリング、ビタミンCイオン導入と言った施術方法です。ケミカルピーリングとは、 古い角質を取り除く方法のことを言います。

ケミカルピーリングによって、毛穴のつまりがより改善させることが出来ます。グリコール酸などのピーリング剤によって、アクネ菌の増殖を抑えるメリットがあります。 ビタミンCイオン導入は抗酸化作用によって、ニキビをシャットアウトします。

↑ PAGE TOP