顔ダニ ニキビ

顔ダニはニキビの原因となるのか?顔ダニが引き起こす肌トラブルとは?顔ダニの異常発生の原因は?

顔ダニのメリットデメリットをしっかりと理解して健康的な肌を保とう。

ニキビの原因となる顔ダニ

顔ダニはその数が増える事により、様々な肌トラブルの原因になります。顔ダニ(学名:デモデスク)は成人の97%以上に生息していることがわかっており、赤ちゃんには存在しません。赤ちゃんから成長していく過程で、抱っこや頬擦りなどの肌の接触から大人から赤ちゃんにうつり、そのまま寄生してしまうと言われています。また、デモデスクが顔ダニのと呼ばれる由来は、毛穴がある身体全体に生息していますが、とくに顔に集中して生息しているからです。他には毛包部に棲息するので「毛包虫」と呼ばれたり、ニキビ内部から多く発見されるため「ニキビダニ」とも呼ばれています。大きさは0.1~0.4ミリなので肉眼では見えず、顔ダニに感染しているかどうかを調べるには、皮膚科での検査が必要ですが、ほとんどの成人に棲息していますし、一定の量以上にならない場合はむしろ余分な皮脂を食べて肌の調子を整えてくれ、まったく害の無いのが顔ダニなので、特徴を正しく知り上手に付き合って、顔ダニ原因の肌トラブルを予防しましょう!!

顔ダニの習性

顔ダニとは哺乳類の皮膚の様々な分泌腺に寄生し、その種類は5千以上も存在します。寿命は14日~1ヶ月程度。その一生で「卵⇒脱皮1⇒脱皮2⇒脱皮3⇒成虫」のように3度脱皮し成虫となります。10~13日で卵から成虫になり、メスは1度に50個程度の卵を産みます。短時間で増殖できるので、お肌の調子によってすぐに一定量以上に増殖をし、お肌にダメージを与えると言われています。皮脂や細胞をエサとし、全身の毛穴、皮脂腺に生息します。1つの毛穴に5~6匹いると言われ、通常頭皮だけで約15万匹、全体で約500万匹存在していると言われています。とくに皮脂分泌の多い顔や頭には多く生息し、余分な皮脂だけでなく肌の細胞や栄養分も食べてしまうので、多く増殖してしまうと肌のバランスを崩し、肌トラブルにつながります。
また、顔ダニは夜行性と言われており、夜になると毛穴から出てきて活動し、排出物や死骸などで肌を汚していきます。そして活動を終えると毛穴に戻っていくのですが、その時肌に化粧品やクレンジングクリームなどがしっかり落とせていないと顔ダニはそれらの汚れを身体にまとわりつけて毛穴に戻っていくので、毛穴のつまり・ひらきの原因にもなってしまうのです。

顔ダニが引き起こす肌トラブル

【1】ニキビ・引き出物 ⇒ 顔ダニが過剰増殖すると死骸や排出物が毛穴につまりニキビの原因になります。
【2】乾燥 ⇒ 肌に必要な栄養分まで食べつくしてしまい、乾燥肌の原因となります。
【3】肌荒れ・くすみ ⇒ 顔ダニの鋭い爪や口に肌が傷つけられ、透明感やツヤを失います。
【4】肌の劣化 ⇒ 顔ダニの爪、口によって傷つけられた肌は、活性酸素を発生し肌を老化させていきます。
【5】抜け毛 ⇒ 毛根部の栄養を食べつくしたり、毛穴を汚すことで抜け毛の原因となります。
【6】毛穴のつまり・ひらき ⇒ 落とし残した化粧品などの汚れを身体につけて毛穴を出入りすることで毛穴のつまり、ひらきの原因となります。
【7】酒さ ⇒ 赤ら顔となり、熱を持った症状などが出る酒さですが、原因は様々と考えられており、その一つとして顔ダニがあげられています。
酒さのある人に2種類の顔ダニが密集して多く棲息していることがわかっており、酒さの特徴が顔ダニを増殖しやすい環境にしてしまっているようです。

顔ダニのメリット

顔ダニは嫌な悪いイメージが強いと思いますが、大量発生させなければとても肌に良い働きをしてくれる生物です。肌の余分な皮脂を分解してくれる為、皮脂バランスの状態を適度に保つことができます。 また、「皮脂を分解する」ということは「皮脂が酸化する」ということなので、肌を弱酸性に保ち細菌などの外敵から肌を守ってくれる働きがあります。なので神経質になり過ぎて肌を洗いずぎ、顔ダニを駆除しすぎるのは逆効果となります。適切な量の顔ダニを保つように洗顔や生活をおくると美しく健康な肌への近道となるでしょう。

顔ダニの異常発生の原因

◆クレンジング・洗顔がしっかり出来ていない
【1】まつ毛エクステ、濃いメイクは注意!!
目のきわや、まつ毛の間や、小鼻のきわなどがしっかり落としきれておらず、ニキビ、毛穴のつまり、ひらきなどの肌トラブルにつながります。個々の化粧に合わせたクレンジング方法が大事なので、アイメイクが濃い方は部分クレンジングなどを使用してしっかり落とすことをオススメします。

【2】メイク落とし、クレンジングふき取りシートは注意!!
とっても便利なのですが、メイクの落とし残しとなるものなのでなるべく使用しないほうが良いです。メイクを落とさず寝るよりはマシ。と考えるようにしてください。便利だからといって毎日使用するのはオススメしません。

【3】ウォータープルーフの化粧品、日焼止めは注意!!
もちろん水や汗で落ちずらいように作られている化粧品の為、専用のものや、丁寧に落とす必要があります。夏場の化粧品には特に気を付けてましょう!

◆生活習慣の乱れ
【1】寝不足
睡眠不足が続くと交感神経が乱れて男性ホルモンの分泌が増え、皮脂分泌量が増えるので顔ダニの異常発生の原因へとつながります。また、深い眠り中のノンレム睡眠時に分泌される成長ホルモンは、ストレスや疲労の回復、新陳代謝を促し組織の修正に働きかける作用があります。顔ダニに傷つけられた肌の回復や、毛穴のつまりを修復するので睡眠はかかせません。

【2】ストレス
ストレスの原因には種類があり大きく分けると「物理的なもの(気候、温度、騒音)」「科学的なもの(飢餓、酸素不足)」「生物学的なもの(細菌感染)」「精神的なもの(多忙、試練)」これらの原因により皮脂分泌量が増えます。

【3】飲酒
飲みすぎると、急激な血糖値の上昇がインシュリンの分泌を促し、それにより皮脂分泌量が増加します。また、アルデヒドが副交感神経を刺激して睡眠の質も低下させる原因にもなります。

【4】喫煙・タバコ
交感神経の過剰刺激や、コルチゾールを促し、皮脂の過剰分泌につながります。タバコに含まれるニコチンは血管を委縮させ血流を妨げ、新陳代謝を衰えさせる原因となるので、通常であれば害にならない程度の顔ダニからのダメージが、代謝低下で肌の修復が追い付かない状態となります。

【5】寝具を清潔に保つ
掛布団、敷布団のシーツ、枕などこまめに洗いましょう。寝ている間には大量に汗をかきますので目に見えないようで、寝具は皮脂などで大変汚れています。このような寝具をずっと使用するはもちろん顔ダニ過剰発生の原因になります。

◆食生活
肉や油分が多い欧米型の食生活を続けると、皮脂分泌も増え顔ダニが増える肌環境になります。日ごろから魚、野菜を中心とした和食を心がけ、意識することが大切です。

◆ステロイドの使用
ステロイドは肌の炎症、かゆみなどを抑える働きがある成分です。しかしステロイドは肌の免疫力を低下させてしまうので、肌の炎症が顔ダニの場合は顔ダニを大量発生させてしまう原因となりよりいっそう悪化させてしまう事となります。

↑ PAGE TOP