赤み、ニキビ

顔の赤みはニキビ?ニキビ跡がいつまでも赤い理由は?ヘモグロビンが理由でニキビ跡が出来る場合も。

炎症が起きている赤みのあるニキビ。この炎症を抑えるにはアクネ菌などの原因菌を減らすことが必要です。

ニキビにある2つの赤

まず赤黒いというニキビ跡に注意が必要です。赤くなることがニキビ跡の第一段階と言えるでしょう。何もしなければ痛みなどない状態であり、 押せば痛みを感じることもあります。

赤いことで思いつくのは血による赤さですが、ニキビ跡の場合も血の赤さと無関係と言うことではありません。ニキビ炎症のダメージを、毛細血管が受け止めて、毛細血管が破壊されて血が滲み出てくると言う症状が起こります。炎症が起こった時には、毛細血管は、肌の損傷を補おうと一生懸命形成されることになり、よけいに毛細血管が破壊される率を高めてしまうことになります。

炎症で、皮膚自体の構造も薄くなっいることから、赤く目立つようになってしまうのです。そして、赤っぽいニキビ跡、赤黒、紫へと、そして第二段階のニキビ跡として、茶色のニキビ跡にもなりやすい傾向となります。

ただし、このニキビ跡の場合、色がただ変化して行くと言うことではなく、赤っぽいニキビの後、紫外線など大量に浴びることによって、メラニン色素が沈着することによって、茶色く色素沈着をするようになります。

色素沈着とは、つまりこのメラニン色素が影響する場合と、血の赤、ヘモグロビンが影響する場合と二種類あると言うことを理解していただきたいと思います。

赤ニキビとは

ニキビは白ニキビ、黒ニキビと言うものがあり、まだまだ白ニキビ、黒ニキビなら軽症であり、潰しても大丈夫と言う人たちもいるくらいです。しかし赤ニキビはちょっと事情が変わってくるようです。ただ汚れがつまっているニキビと言うことで放置は出来ないニキビの段階に入って来ています。ニキビは菌、特にアクネ菌と深く関わりを持っています。大体ニキビに悩んでいる人たちは、アクネ菌という言葉を一度二度聞いたことがあるのではないでしょうか。白ニキビはただ毛穴に汚れがつまっている状態であり、黒ニキビは、空気にさらされて酸化している状態です。赤ニキビは、アクネ菌が繁殖をしてしまうことによって、炎症を起こしている状態であり、赤ニキビは炎症による赤です。それはアクネ菌が繁殖し暴れまくっている状態です。

この場合、どのような対処をすればいいかと言うことですが、やはりポイントは正しい洗顔と言うことになります。ちゃんと洗うと言うことは徹底的に洗うと言うことではなく、結構洗顔を真剣に考える人たちが赤ニキビをひどくしてしまっているというケースが非常に多いと言われています。しっかり洗顔に向きあう姿勢は大事ですが、一日二回の洗顔スタイルを上限としてください。それ以上は肌に刺激を与える要因となります。そして洗顔をする時も、刺激を与えるようなゴシゴシ洗いは出来る限り回避して、洗顔料を使用して泡立てて泡が汚れを取り去ってくれるようなモチベーションを持ってください。洗顔し終わった後も、タオルでゴシゴシ拭き取っては駄目です。そして赤く目だつからどうしても知らず知らず触る人たちがおり、どうしてもそれがニキビを更に悪化させてしまう要因となります。ニキビに手の細菌がつくことにもなり、爪がニキビを傷付けてしまうことになります。化粧で隠す、髪の毛で隠すと言う気持ちも決して理解出来ないことではありませんが、それでもやはり赤ニキビにとって決していいことと言うことは出来ません。そのようなことを対処すれば、赤く目立つニキビなど本当はまだまだ簡単に対処出来るニキビと言ってもいいのではないでしょうか。

ヘモグロビンニキビ跡を消すためには

ヘモグロビンニキビ跡を消すためには、美白専用の化粧品が特効薬と考える人たちがいますが、それは大きな間違いです。美白専用の化粧品が効果的なのは、メラニン色素に関与する色素沈着であり、ヘモグロビンが影響する場合ではありません。

正しい方法をしっかり把握することによって私達は、ニキビ跡だって案外簡単に解消出来るかもしれません。

炎症がやっと収まったものの、何らかの理由で破壊されてしまった血管から、血液がジワリと漏れ出る状態です。そのような場合は、ニキビ跡をケアする目的で作られた化粧水などを使うことになります。ニキビ跡を消す化粧水と言うものがあり、是非積極的にそのようなものを利用するようにしてみてください。実際にニキビ跡として赤は軽度ですが、それでもなかなか解消が出来ず、ダイオードレーザーの力を借りる人たちもいます。

↑ PAGE TOP