黄色ニキビ 原因 消す

黄ニキビを作ってしまう原因は何?食生活で黄色ニキビが出来る?大人ニキビとの関係は?

黄色ニキビの対策方法。黄ニキビはつぶして大丈夫?気になる原因菌を徹底調査しました。

黄ニキビとは

ニキビには白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビなどあり、ニキビの悪化状態がランキングされています。

そして黄ニキビの人はかなり警戒していただきたいと思います。それはかなり重症化したニキビと捉えてください。

白、黒、赤ニキビの段階でなんとか留めておくことは出来なかったのでしょうか。 黄ニキビとは膿が毛穴に溜まった状態であり、黄色く見えるから単純に黄ニキビなのです。 黄とは膿の黄色と言うことになります。ニキビはいずれ治るかもしれません。 しかしニキビが解消された後、跡が消えないと言うことも警戒しなければなりません。 ニキビ跡が出来てしまうと一生消えないと言うことも充分にあり得る話です。 それは皮膚科で治療してもニキビ跡が作られてしまう可能性があります。もちろん何もせず、 ただ放置したままと言うのもニキビ跡を残す要因となるので注意して黄ニキビのケアに心掛けるようにしてください。

なぜニキビが膿化してまうのか

なぜニキビは膿化して行ってしまうのでしょうか。ニキビはアクネ菌と関係しています。 毛穴に一杯皮脂などアクネ菌の大好きな栄養が溜まることによってアクネ菌を活発化させることになります。 そしてアクネ菌を体内の白血球が一生懸命排除しようとモーションを起こすことになります。 一生懸命身体の機能が頑張っているからニキビが膿化して行ってしまうことになります。黄ニキビは白血球が一生懸命頑張っているからです。 アクネ菌と白血球の戦場と化し、皮膚組織が破壊されるという現象が起こります。だからニキビが治ったとしても、 荒れ放題の戦場はそのまま放置され、悪化したまま解消されないニキビ跡となってしまうことになります。 ニキビが黄になるから潰すと言う人たちもいるようですが、本当にニキビ跡には危険な行為なので、そのようなことは絶対にしないように注意をしてください。

やっぱり医師に相談することがベストか

黄ニキビはかなり悪化しているニキビなのですぐに医師に相談する姿勢が正しいと言えば正しいのです。 専門家に見せて正しい指示を受けるようにしてください。皮膚科に行けば、専用器具を使用して膿を取り出すと言う治療も行ってくれます。 アクネ菌の活動を抑える抗菌剤が効果的と言われていますので、最終的にはやっぱり医者は頼れる存在です。 病院、皮膚科に出向き、黄ニキビを沈静化する努力をしてください。

黄ニキビの治し方

黄ニキビはどのような方法で対処しなければならないのでしょうか。炎症したニキビが更に悪化して、 膿を持ち黄ニキビとなってしまうのです。炎症は真皮層にまで到達しているために後々跡として残る可能性が非常に高いと言われています。 治療はやはり患部の炎症を抑えると言うことです。

クリニックなどへ行けばエリスロマイシン、テトラサイクリン、ミノサイクリンなどの薬を使用して治療することになります。 炎症がひどい場合ステロイド剤の注射での対処と言うケースもあるようです。LEDダイオード療法 、ロングパルスYAGレーザーなどを使用して治療を行うクリニックもあります。クリニックによって治療の仕方が違うということも言えます。 中には漢方中心に根本的ニキビの解決へと導こうという治療方法もあり、その方法が決して間違いと言う訳ではありませんが、 やはりそれなり時間を要する治療方法ではあるようです。膿を持つようではやはり治療に対して 真剣に向きあっていかなければならないことはいずれにしても間違いのないことです。

本当に効果的な治療方法は

ニキビが悪化した場合ホルモン療法と言うものが効果的と言われています。 それは男性ホルモンの作用を出来る限り低下させて、肌の改善策を取ると言う方法です。 アルダクトン錠、低容量ピルなどを使用します。肌の機能を低下させてしまっているのも男性ホルモンのせいかもしれません。 男性ホルモンの量を減らすことによってニキビを根本的に解決に導くことが出来るかもしれません。

黄ニキビは潰せば黄色い液が出る

本当にここまでニキビが至ると不快と言えばとても不快です。潰れた膿に対しても対処が必要です。 だから黄ニキビはとにかく触らない、刺激を与えないという事が大事です。 ニキビを潰したいという気持ちも決して理解出来ないものではありません。 ニキビは押して潰せば一瞬解消されたかのように見えてもしまうのです。

もしも黄ニキビが潰れた時も正しい対処の方法が必要です。兎に角肌は清潔に、刺激を与えないと言う姿勢が大事です。 潰れてしまったらティッシュで優しく拭き取るようにしてください。黄ニキビには待つことも大切で、枯れるまで待つのが正しいと言う人たちもいます。

↑ PAGE TOP