クレーター 治す 病院

ニキビ跡を隠すならどうする?病院に行けばクレーターは治せる?皮膚科がオススメ?

クレーターを作らないためのニキビケア。クレーターはニキビをつぶしてしまうからできるのか!?

ニキビ跡クレーター化の種類

クレーターと言っても決して一つの種類ではないとのことです。まずアイスピックタイプと言うものがあり、2mm以下と言う狭い範囲のクレーターですが、真皮よりも深く到達していると言うことが注目のポイントです。深く到達しているから、なかなか解消出来ず、ニキビ跡として残る可能性が大きいクレーターです。

ただし見た目狭い範囲と言うことで隠すことはしやすいとも言えます。炎症が大きすぎることが原因となりコラーゲン組織・真皮が破壊されてしまうことになり、個人体質により炎症が広がらないで、深く到達してしまうことになります。

実際に炎症の強さと言うものも関係して行きますが、みなさんのクレーターが幅広くなってしまうのか、奥深く到達してしまうのかは個人差があり体質によるものだと思われています。

ローリングタイプは、逆幅広になるケースであり、4mm以上の半円の形をしています。2つのニキビ跡がこのような4mm以上のローリングタイプを形成してしまうこともあります。ボックスカータイプと言うものがあり、それもクレーターが、4mm以上ですが、底が円形ではなく、平らになっていることに特徴があります。 深さが一番浅いと言うことから、比較的治りやすいクレーター跡と言われています。

どのような方法でクレーターは解消されて行くのか

結局はみなさんがどう対処しようが、解消出来ないクレーター跡は残念ながら存在し、そのような時クリニック、皮膚科などに相談をするようにしてください。

クリニック、皮膚科などでは、レーザー治療、ピーリング治療、患部注射治療、光治療、更に皮膚移植手術と言う措置が取られます。ニキビ跡解消のために方法はまだ残されてると言うことです。

ケミカルピーリングとは、薬剤を肌に塗り、肌に溜まった古い角質を取り除くことにより、ターンオーバーを整えると言う方法です。しかしターンオーバーを整えたとしても、ターンオーバーで再生出来ない真皮部分にまでクレーターが到達している場合、対処することは出来ません。そのような場合には、ケミカルピーリングではなくて、違う方法に依存することになります。

患部注射治療と言う方法もありFGF治療と言います。クレーター跡へ注射を行うことによって、皮膚細胞を増やすということが目的です。

コラーゲンを含めた細胞機能が活発化して、クレーター化した肌をもちあげると言うイメージです。フォトフェイシャルは、光治療によるものです。フォトフェイシャルの光とは、メラニン色素などにも反応をして行きます。真皮の繊維芽細胞をも活性化してコラーゲンやエラスチンの生成を活発化させてくれることが出来ます。

皮膚移植手術と言う選択をする人たちもいます。皮膚移植手術は、クレーター化していない皮膚をクレーター化している場所に移植を行うものです。

レーザー治療がニキビ跡を治す

そしてレーザー治療と言うものがあり、クレーター跡に本当に悩んでいる人たちは、かなりレーザー治療に依存する率が高いとも言えます。光かレーザー治療かという悩みを持っている人たちも多いかもしれませんが、大きな効果が期待出来るのも間違いなくレーザー治療にあります。

レーザー治療は波長が長い程、深部まで到達出来るという特徴を持っています。Vビームレーザーは波長が595nm、 ルビーレーザーは694nm、 これらのレーザー治療は、表皮まで到達することになります。しかし表皮だけでは解消出来ないニキビ跡と言うものがあり、更に真皮まで治療を行うなら、アレキサンドライトレーザー、波長755nmのものとなり、更に皮下組織まで到達したニキビ跡に対しては、ヤグレーザー(クールタッチレーザー)1,320nmや炭酸ガス(CO2)レーザー10,600nmとなります。

ニキビ跡はクレーター跡以外に赤みのタイプ、色素沈着のタイプなどがあり、赤みのタイプなら、Vビームレーザーが有効的であり、色素沈着のタイプなら、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーなどを使用し、クレーター跡に対しては、ヤグレーザー、 炭酸ガスレーザーを使用することになります。

レーザー治療にはデメリットも抱えている

クレーター跡などすぐに解消出来るメリットがレーザー治療にはありますが、反面デメリットも存在していることを理解してください。レーザー治療を行った場所が一時的に色が濃くなると言うことがあります。

ただしこの場合は一過性のものであり、3ヶ月ほどすれば消えるとも言われています。

↑ PAGE TOP