大人ニキビ

大人ニキビの原因は肌の乾燥とターンオーバー。この2つを改善するには保湿が最優先です。

もちろん食生活も重要ですが、まずは洗顔、美容液などを変える事でニキビを防ぐことが出来ます。

大人ニキビのケアの間違い

一生懸命大人ニキビのケアに余念がない人たちも多くいます。しかし実際にはなかなか大人ニキビは治らないと言われています。何か私達は大人ニキビに対して間違った対策など行っているのではないでしょうか。そして本来治る大人ニキビをますます悪化させているのかもしれません。

大人ニキビの方が全然治らないと言う声も頻繁に聞きます。実際に思春期の人たちがなるニキビが簡単に治ると言うことではありませんので、大人ニキビを解消されることはかなり大変のことのようです。

大人ニキビも思春期の人たちがなるニキビもホルモンバランスの乱れで起こると言うことは一致しています。悪化して毛穴をつまらせるという症状を起こします。大人ニキビは、生活習慣が大きな影響を与え、 28日から30日の周期と言われているターンオーバーが乱れてしまい、角質が厚くなって毛穴を塞ぎ、皮膚内で皮脂が詰まって菌が増殖しニキビが作られて行きます。実際に大人ニキビは解消することが難しいから大人ニキビになった場合、自分でケアをすることではなくて医師と向きあう姿勢が正しいとも言われています。まず大人ニキビのケアで大事なことは生活習慣を改善して行くことです。

大人ニキビで行っていかなければならないスキンケア

大人ニキビを敢えてスキンケアで改善していく場合、私達はどのようなものを選択していかなければならないのでしょうか。皮脂の分泌を抑えるために効果的なものはビタミンC誘導体と言われているものです。ビタミンC誘導体は化粧水、美容液と言ったものに含まれていますが、化粧水の場合、肌が乾燥するというリスクも抱えているので、出来れば美容液を選択し、肌を乾燥させない工夫をしてみてください。

菌はスキンケアの過剰な油分を栄養にしてしまうと言うことを懸念しなければなりません。私達がスキンケア、スキンケアと言うだけ菌は喜んでしまっている可能性があります。しかしスキンケアは大事であり、私達が選択すべきスキンケア商品には過剰な油分を持たない、 かつ油分をゼロにはさせないと言う微妙な選択をしていかなければなりません。

ここでは特にノンコメドジェニックと言うものに注目をしてください。ノンコメドジェニックだから、いいと言う訳でなく、本当にニキビ解消の効果が゛期待出来るものを選択してください。脂性肌、思春期ニキビ向けのものを選択することによって過剰に皮脂を分泌することになってしまうので注意してください。

ノンコメドジェニックはNon-Comedogenic、つまりNonとComedogenicふたつの言葉が合わさった造語です。Nonは非と言う意味であり、Comedojenicは、 皮脂、汚れなどが毛穴につまり栓になってしまうもののことを言います。角栓などと言うものが、comedoです。つまりcomedoが作られない状態にしてくれるよう頑張ってくれる化粧品をノンコメドジェニックと言います。ノンコメドジェニックテスト済みの化粧品は、今ここにあるニキビを解消させてくれるものではありませんが、油分を含まないニキビの菌にとって住み心地の悪い環境を作るためにはベストな選択です。ニキビを警戒している人たちは一度ノンコメドジェニックに挑戦してみてはいかがでしょうか。

大人ニキビは乾燥から起こる

大人ニキビの人たちはオイリーと言う人たちもいます。だから思春期の人たちがなるニキビと同じようなものとしてとらえる傾向がない訳ではありませんが、本質的に大人ニキビと思春期の人たちがなるニキビが違うということをここでしっかり理解してください。

大人ニキビでオイリーの場合でも角質層が乾燥し、皮脂過剰になっている可能性があります。だから、大人ニキビの基本はしっかり乾燥肌をケアするというモチベーションが大事です。思春期の人たちがなるニキビと同じオイリーを対処する姿勢では、ニキビのケア間違いによって、ニキビを悪化させる要因にもなります。大人ニキビの間違いは思春期の人たちがなるニキビと同一視することによって起こり、思春期の人たちと同等に朝夜しっかりダブル洗顔を行うことによってももたらされて来ます。大人ニキビの場合、夜は洗顔料を必要とするものの、朝まで洗顔料を使用する必要はありません。よけいな皮脂を洗顔料によって落としてしまなわないように注意が必要です。そしてゴシゴシ洗顔することも決して大人ニキビにとっていいことではありません。肌に刺激を与えないよう、与えないように丁寧に泡立てるようにな感じで洗顔を行ってください。

↑ PAGE TOP