思春期ニキビ

中学生、高校生の思春期ニキビの治し方とその原因は洗顔、保湿で防げます!

思春期ニキビは遺伝が原因だけではない!原因菌とさよならしてすべすべの肌を手に入れよう!

思春期になるニキビとは

大人ニキビも思春期ニキビもニキビと言えばニキビです。わざわざ区別する必要があるの…と思っている人たちも多くいることでしょう。でもやっぱり思春期のニキビと大人ニキビには違いがあるから分類する必要があるということです。成長ホルモン・男性ホルモンが影響しておこるニキビのことを思春期ニキビと言います。思春期の人たちがなるニキビは、理由が明確ということもあり、正しく改善処置を行うことが出来る率が高いとも言われています。大人ニキビ、思春期の人たちがなるニキビは、ニキビのできるメカニズムが同じと言えば同じです。ただ呼び方だけ年齢によって変えているのでしょという思いもないことはありませんが、思春期の人たちがなるニキビは、先ほどお話ししたホルモンバランスにより起こり、大人ニキビの場合は、生活習慣、ストレスなど起こる理由が様々です。ただし思春期の人たちがなるニキビもストレスが原因で起こる場合があると思っている人たちが多いでしょうね。勉強でストレスを溜めている人たちがニキビになるということも充分考えられることです。勉強という視点では大人になるほど勉強する機会もなくなり、ニキビが出来るストレスも軽減されて行くはずです。

しかし思春期の人たちがなるニキビと大人ニキビの違いは他の部分にもあったのです。思春期の人たちがなるニキビは皮脂が過剰に分泌されることによって、Tゾーンに集中して起こることになります。Tゾーンに出来るニキビだから思春期ニキビということになり、大人ニキビは例外はあるにしてもUゾーンに多く出来ると言うことになります。そして一般的乾燥が原因でニキビが起こるという対峙する違いがあります。しかしそうはいうものの、私達は皮脂過剰でニキビが起こっていると思っている大人たちもいるのではないでしょうか。ここがポイントです。乾燥している人たちは、ターンオーバーがうまく行かず肌の機能を弱めてしまっているために、決して皮脂がないというもののゼロではありませんので、皮脂が細く弱った毛穴をつまらせるということになります。皮脂過剰という要因も、角質の中の乾燥が原因を作り皮脂過剰要因をもたらしていることになります。そして思春期ニキビのように過剰に皮脂が毛穴をつまらせてしまうということになります。つまるという原理は同じではありますが、大人ニキビと思春期ニキビは同じということではありません。やはり区別するべき存在だったのです。

思春期の人たちなるニキビの治し方

思春期ニキビを解消出来ない人たちが多いところを見れば正しいケアが出来ていないと言うことにもなるのではないでしょうか。そもそもそれでもニキビは青春のシンボルといい気になって放置しておくことは出来ないはずです。年齢がある程度いけば自然に治るだろう…というものでありません。治ったはいいけど、全然消えないニキビ跡になる可能性もあり、男性の人たちは女性以上ニキビに警戒しなければならないと言う話しです。

正しく洗顔するということ

大事なポイントは正しく洗顔をするということです。当たり前ということになりますが、洗いすぎというのもニキビに良くない影響を与えると言いますし、やっぱりそれなりポイントをしっかり抑えるということが大事です。

朝、晩2回の洗顔

ポイントは朝、夜二回の洗顔を行うということです。そして洗顔料をしっかり使用して洗顔を行うということです。より早くニキビを治療したいから、数多く洗顔を意識する人たちもいるようですが、これは逆にニキビをひどくしてしまうことなので呉々も用心するようにしてください。皮脂と言っても私達は肌のために必要な皮脂の量というものもあり、必要以上の洗顔は皮脂を全部奪い取ってしまうことにもなります。リスクのある洗顔方法は回避しなければ駄目です。そして乾燥している肌は、自分の身を守ろうとよけいな皮脂をまた過剰に分泌しようとしてしまうことになります。

泡をしっかり意識して洗顔しましょう

丁寧に労るように洗顔を行うようにしてください。ゴシゴシということがよけいな皮脂を取り去ってしまうリスクを抱えています。毎日続けてはじめて意味を持つものが洗顔です。日々丁寧を心掛けることに大きな意味があります。

そして生活習慣にも配慮していかなければいけません。みなさんはいい睡眠を取ることが出来ているでしょうか。若い人たちも、いい睡眠を取ることが出来ないで自律神経の動きがおかしくなってしまい、その結果皮脂の分泌量が多くなってしまうことになります。受験勉強で寝る時間がないという人たちは、やはりニキビができるリスクをかなり高めてしまっているようです。そしてストレスをためることに決して思春期の人たちがなるニキビが無関係ということではありません。

食事はどうでしょうか。若い人たちだから脂っこいものを積極的に食べたい欲求があり、仕方ないと思うのかもしれませんが、これがニキビを作る要因なら私達は食事においてしっかりセーブするモチベーションを持たなければ駄目です。思春期の人たちがなるニキビは、仕方ないものとして捉えるべきではなく、睡眠、食事、ストレスなどによって充分改善の余地があり、ニキビが既に出来た人たちも、是非このようなことを注意して生活をしていただきたいと思います。

脂ものを出来る限り控えた生活を送ること、そしてビタミン豊富な野菜を積極的に摂取することです。皮膚を健康に保つビタミンB6、肌の再生を助けるビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、血行を良くするビタミンE、というものも積極的に摂取するようにしてください。具体的にどのようなものをメインとして食事を取ればいいかということですが、納豆、ほうれん草、イチゴ、 ピーマン、更に魚ではいわし、さんまと言ったものです。そして唐揚げなど控えめに、コンビニでのスナック菓子なども出来る限り控えるという気持ちが大事です。

なかなか思春期の人たちがなるニキビが治らないという人たちが多いようですが、治ること事態はそれほど難しいことではありません。治るための手順を一つ一つ無理なく生活の中に取り入れることに失敗してしまっているのです。本当にニキビは治ったはいいけど、ニキビ跡のことも心配しなければなりませんし、今しなければならないことがあるはずです。そして私達は日々日常生活においてスキンケアのことも忘れてはいけません。洗顔をしっかりと行いそして更に肌をしっかりケアする姿勢を身に付けてください。洗顔は皮脂もなにもない状態になる危機感をもたらしています。何もないから乾燥するリスクが高く、乾燥のリスクから肌を回避させるために、潤いを与えてあげなければならないのです。

↑ PAGE TOP