クレーター ニキビ

クレーターニキビ。クレーターになってしまったニキビ跡の治し方。

これ以上クレーターを作りたくない、ニキビがクレーターの上で出来ないようにするには

ニキビはなぜクレーター化してしまうのか

結構ニキビはクレーター化して凸凹の肌を作りだしてしまうようです。なぜあんなに凸凹の肌なのかしらと思っている人たちもいるでしょうが、油断をしていればすぐにニキビからあのようなクレーターと化してしまうことになります。

ニキビはうまく対処出来ないことによって、ニキビ跡と化してしまうことになります。タイプは赤みのあるニキビ跡、色素沈着のニキビ跡、そしてクレーター化したニキビ跡です。このタイプの中でなかなか解消することが出来ないのはやはりクレーター化したニキビ跡です。

多くの人たちがクレーター化したニキビ跡に対して、皮膚科、クリニックなどでのレーザー治療を考えるようです。ニキビ跡がクレーター化してしまうと言うことは最悪なのです。出来る限りクレーター化させないと言うことは果たして可能なのでしょうか。

なぜニキビ跡がクレーター化してしまうことになるのか

ニキビ跡はニキビが炎症することからスタートします。それは一般的には赤ニキビと言われるものですが、赤ニキビになった人たち全員、クレーター化すると言う訳ではありません。でも実際にどのような人たちがクレーター化し、どのような人たちがクレーター化しないと言うことは、それぞれ個人の体質と言うものに関わって行くことになります。 もちろん炎症している具合と言うものもあり、滅茶苦茶炎症している人たちは、やはりクレーター化するリスクを高めてしまうことになります。

でも本当にひどい炎症をしている人もクレーター化しないというケースがあります。でも私達が極力クレーター化を回避したいと言うのなら正しいケアを心掛けがけると言うこと以外方法はないのではないでしょうか。

クレーター化とは真皮層にまでダメージを受けてしまうこと

なぜクレーター化してしまうのかと言えば、真皮層のダメージを受けることだったのです。肌がダメージを受けたとしても、肌はターンオーバーで再生されて行けば何ら問題はなしと言いたいのですが、ターンオーバー出来ない場所と言うものがあり、ターンオーバーが行われるのは、表皮の部分に過ぎないのです。

ダメージが全然再生される方法を持たないと言うことで、クレーター化は延々と形を留めてしまうことになります。真皮層までダメージを及ぶか否かと言う問題であり、なぜダメージが真皮層にまで及んでしまうのか言えば、それぞれ個人差、体質などの違いによると言うことです。

それはアクネ菌と白血球が肌でせめぎ合っているからです。白血球は、アクネ菌の炎症を鎮めようと一生懸命戦いを挑んで行くことになります。しかし同時に活性酸素が肌の構造をも破壊してしまう行為に出てしまうことになります。多かれ少なかれ、このような行為がいつも行われている訳ですが、基本、範囲が奥に深くないと言うことにより、跡になったとして軽症で収まる率が高くなります。 しかし真皮層に到達することによって先ほどお話ししたように、ターンオーバーで再生をすることが出来なくなってしまうと言うことになります。

↑ PAGE TOP