色素沈着 ニキビ

色素沈着とニキビの関係。ニキビ跡が色素沈着してしまう理由とは?

色素沈着の原因は何?ニキビ以外にも色素沈着ってあるのか調べました。

色素沈着とは何?

色素沈着の場合、紫がかったものがありこれはニキビが化膿、炎症した場合などに起こるものです。それは、毛細血管が破壊されて血液中のヘモグロビンが肌に残ることによって起こると言われています。

そしてニキビで肌が傷つき、肌の細胞を守ろうと過剰にメラニンが生成されることによって、茶色っぽい色素沈着が起こることになります。

肌が弱くなっているので、メラニンが残る確率も高くなります。これがニキビ跡になってしまう要因でもあります。

ハイドロキノンの効果

果たして色素沈着になった肌は、もうもとの状態を取りもどすことは不可能でしょうか。 茶色のメラニン色素に対して効果的と言われているものの中に、ハイドロキノンと言うものがあります。

ハイドロキノンには、ビタミンC、アルブチン、コウジ酸といった美白成分が大いに期待出来ると言うことです。ただビタミンCに依存することよりも10倍以上、美白を期待出来ると言うことです。そこにはメラノサイトの数を減少させるという効果が期待出来、チロシナーゼというメラニンを作る酵素の働きを軽減させることが出来ます。出来たばかりの色素沈着にはとても効果的です。

このような化粧品を選択することでなかなか消えない色素沈着だって私達は解消することが出来るようになります。

ハイドロキノン配合の化粧品もドラッグストアなどで簡単に購入出来る時代にいます。ニキビ跡が色素沈着になったということだけでまだまだあきらめないでいただきたいと思います。

ハイドロキノンの使用の注意

ハイドロキノンは効果が大いに期待出来るゆえ、使用方法を間違えると、逆に悪い効果が出てしまうこともあるので注意が必要です。

ハイドロキノンの使用の量、回数をしっかり確認して守る事はとても大事なことです。使用しすぎることによって白斑と言う症状が起こるリスクを高めます。

ハイドロキノンは酸化しやすいというデメリット要素も抱えています。刺激が強く、かぶれやすいと言うことで、ハイドロキノンを使用してますます色素沈着がひどくなったと言う人たちが実際にいない訳ではありません。

ハイドロキノンは、購入したら出来る限り早く使用して使いきって下さい。ハイドロキノンがメラニンを抑制してくれることになるので、逆に私達はメラニンが守ってくれる紫外線を別の方法で対策を考えていかなければなりません。

↑ PAGE TOP