赤ちゃん ニキビ

赤ちゃんにニキビが出来てしまうのは母乳が原因?赤ちゃんのニキビはアレルギー?

赤ちゃん肌でもニキビが出来てしまうのは毛穴の汚れに原因があります。低刺激の石鹸でケアを!

赤ちゃんもニキビに悩んでいる

赤ちゃんが一番健康敵な肌を持っている…、いえ意外と赤ちゃんもニキビに悩んでいるのはご存じでしょうか。赤ちゃんがニキビにならないためにもお母さんが正しい情報を得るということは大事なことです。そして赤ちゃんがニキビに既になっている場合は正しいケアの方法をここでしっかり学んでいただきたいと思います。そして、赤ちゃんのニキビも、大人ニキビ、思春期の人たちがなるニキビと変わらず皮脂が毛穴にたまることから起こるようですよ。

乳児湿疹に注意しましょう

ブツブツとニキビ、それらを総合して赤ちゃんの場合乳児湿疹と言います。赤ちゃんの場合、汗疹もニキビに含んでしまうケースが多いようです。ケアの仕方もそれほど変わらないのでそれで問題がありません。しかし赤ちゃんの肌は一番健康と思われているにも関わらずそのような事態になぜなってしまうのでしょうか。お母さんから受け継いだホルモンに問題があるということなので、お母さんも責任もって赤ちゃんのニキビを治すモチベーションを持っていただきたいと思います。

お母さんのホルモンの影響をしっかり受けるということで、未熟な毛穴に対してすぐに皮脂を溜め込んでしまうということです。赤ちゃんの肌は健康と言えば健康ですが、大人の人たちより全然未熟でありデリケートなので優しく庇うという姿勢はとても大事なことになります。

これは赤ちゃん一般的に起こることなので、肌事態に心配することではなく、今後成長すれば解消されていく問題です。でも相手が赤ちゃんなので出来たニキビによって、大変なトラブルを抱えてしまって、成長過程に問題をきたす可能性もない訳ではありません。すぐに医師に相談するというのも方法です。赤ちゃんはニキビで大変苦しい思いをしていたとしても、言葉に出して苦しいということは出来ません!

赤ちゃんニキビに大事なこと

兎に角お母さんは赤ちゃんの肌を清潔に保つということを心掛けるようにしてください。

清潔か否かという問題はすべてお母さんに関わってくる問題です。優しく優しく石鹸を使用して洗ってあげるようにしてください。石鹸でゴシゴシ洗うことで赤ちゃんの肌に刺激を与えることになります。刺激が赤ちゃんニキビにとっても大きなデメリットなので、石鹸の泡を意識して丁寧に撫でるように愛情を注いであげていただきたいと思います。

石鹸の選択もポイントです。ドラッグストアなとで販売している石鹸の中には赤ちゃんに刺激が強すぎるものが多くあります。優しい成分しか含まれていないものを是非使用するようにしてください。そして泡をたてて、泡が残らないようにしっかり洗い流すということもとても大事です。泡が残っているということは汚れが残っているのと何も変わらないことです。洗い過ぎも赤ちゃんに肌に良くないことですが、一日二回目安に洗顔など、沐浴とあわせて行ってあげるようにしてください。

赤ちゃんは汗をかく

汗をかいたらやはりお母さんはしっかりケアをしてあげてください。汗腺の数はほとんど大人と変わらないというのに、身体が小さいということで本当に赤ちゃんの場合、汗が大変なのです。汗疹というものもニキビと同時に注意をしなければならない問題です。ニキビと汗疹で、相乗的に悪化させてしまうことにもなってしまうのです。

お母さんに是非頑張っていただきたいと思います。赤ちゃんはニキビができるというのも新陳代謝が活発だから早く、しっかり監視してあげていただきたいとともに、治るスピードも新陳代謝が活発なため早いのです。お母さんがどのようなケアをしてあげることが出来るかと言うことにかかっています。

赤ちゃんが清潔…と思っていたら、意外と赤ちゃんは大人より不潔ということがあるようです。赤ちゃんは不潔で不快であったとしても何もすることが出来ません。お母さんが清潔だと思い何もしなければただ汚れが累積して行ってしまうことになります。赤ちゃんはよだれ、汗などにまみれているのです。そして汗をかきまくっている寝具など、しっかり清潔を維持出来ているでしょうか。 赤ちゃんの一番長く過ごす時間の多い寝具の与える影響はとても大きいのです。ニキビができている赤ちゃんにはより以上配慮しなければならない問題です。

赤ちゃんの爪を綺麗にしてあげていますか?

赤ちゃんは爪が不潔でニキビを作るということもあるようです。ニキビができて赤ちゃんが汚い爪でひっかくことによって、ニキビはどんどん悪化して行ってしまうことになります。

清潔かつ保湿を保つということもとても大事

赤ちゃんはただ肌を清潔に保てばいいということではありません。そのような意味でも思春期の人たちがなるニキビも、大人ニキビも、赤ちゃんのニキビも何ら変わらないです。保湿を保つということにお母さんは心掛けるようにしてください。肌が保湿を失い乾燥しているということがトラブルを起こすことになります。

↑ PAGE TOP