お酒 ニキビ アルコール

お酒を飲むことによってニキビが出来てしまう方必見アルコールとニキビの関係をまとめました。

お酒だけが原因でない場合もあります。お酒の場、おつまみなど、ニキビを予防するために気を付けたいことのまとめ。

ニキビにアルコールは良くないのか…

アルコール摂取はなぜ、ニキビによくないと言われているのでしょうか…。まず、アルコール摂取で良くない理由の一つとしてみなさんが既に知っていることは肝臓の機能が低下すると言うことです。

アルコールはニキビに良くないと考える前に肝臓のためのよくないと考えるべきでしょう。肝臓の機能が失われてしまうと肌の毒素も分解されなくなってしまいます。だから、ニキビが出来てしまうのです。私達は、なぜニキビが出来るのか考える時、このように内蔵が機能を低下することによって間接的にニキビがまるで内蔵の異常を教えてくれるサインであるかのように起こると言うことも知っていただきたいと思います。

アルコールに含まれている糖分

アルコールを摂取することが過剰な糖分摂取になる場合があります。ビールや日本酒、ワイン、チューハイなど醸造酒と言うものに用心をしなければなりません。

ビール、日本酒、ワイン、チューハイなどが醸造酒と言われるものであり、その中には過剰な糖分が含まれていると言われています。アルコール摂取し過ぎと言うことは過剰な糖分の摂取のし過ぎと言うことにもなってしまうようです。

ただし、この場合には醸造酒を摂取しないで、焼酎やウイスキー、ブランデーなど蒸留酒を摂取するモチベーションがあれば大丈夫です。なぜ糖分がニキビに良くないのかと言えば、糖分が身体の中で中性脂肪に変化し、皮脂となる率を高めてしまうからです。皮脂の過剰分泌がニキビが出来るリスクを高めてしまうことになります。

そしてアルコール摂取に伴い私達がどのようなおつまみを摂取しているのかと言うこともとても大事なことになります。焼酎やウイスキー、ブランデーと言うものを摂取していると言うのに、糖分、カロリーの高いおつまみを摂取するようではニキビの出来る環境を高めてしまうだけです。アルコール摂取は食べ物のことも同時に用心していかなければなりません。

アルコールのつまみで良くない食べ物は

アルコールが良くないと言われる理由は、次のような食べ物もどんどん調子に乗って摂取してしまうことにあるのではないでしょうか。

チョコレートやピーナッツ、糖分と揚げ物は控えた方がいいと言われています。更に炭水化物を異常に食べたくなるのもアルコールを摂取している時です。炭水化物もアルコールには良くないと言われています。そして海藻類もニキビのために良くないと言われています。ヨウ素は甲状腺ホルモンを作るミネラルですが、 多く摂取することによって皮脂線から排出されニキビのリスクを高めてしまうと言われています。そして刺激のある食べ物も決してニキビにはいいと言うことは出来ません。そして刺激のある食べ物は内臓機能を低下させる要因なので、内臓機能低下からニキビが出来るリスクを高める可能性があります。

ビタミンBが消費されることがアルコールによくないことです。ビタミンBはニキビのために大変いいと言われている成分ですが、アルコール摂取によっていいと言われている成分がどんどんと消滅して行ってしまうことになります。

本当に私達はアルコール摂取を中止しなければならないか…

しかしアルコール摂取を中止と言うことを考えていかなければならないのでしょうか。アルコールを摂取すると言うことはストレス解消に繋がることです。頑張ってアルコールを摂取しないと言うことはストレスを溜めると言うことにもなり、そもそも仕事に一生懸命の人たちはアルコールで日々の累積していくストレスを取り払おうとしているのではないでしょうか。

実際にもしもアルコールをすんなりやめることが出来たら、次は他にストレスを解消する方法を見付けていかなければならないでしょう。

そしてアルコールは血行促進にメリットがあるとも言われている成分です。血行がいいと言うことがニキビにとってはとても大事なことです。アルコールはあながちニキビに絶対に悪いということでもないようです。つまりはアルコールの量を加減すればいいことです。

もちろん肝臓のために、毎日アルコールを摂取すると言うことが大変よろしくありません。肝臓のためには、絶対に休肝日と言うものを設定しなければなりません。アルコールはニキビのために悪いものであり、いいものでもあります。是非、みなさんも上手にアルコールとつきあっていただきたいと思います。

↑ PAGE TOP